[2万人ディズニー]空飛ぶダンボとピーターパンはいつ乗る?|ママと子供のディズニー通い

ディズニー

ご覧頂きありがとうございます。
子供とディズニー通い記事・第90弾!

「ダンボにのりたい!」
「ピーターパンにのりたい!!」

東京ディズニーランドの”空飛ぶダンボ”と”ピーターパン空の旅”はどちらも小さなお子さんたちにも大人気のアトラクションです。

今回はコロナ渦の2万人ディズニーでの「ダンボ」と「ピーターパン」に乗るタイミングについてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

空飛ぶダンボ&ピーターパン空の旅|乗るタイミングは?

結論|入園後できるだけ早いタイミングで乗る!

まずは結論から。
ダンボやピーターパンに短い待ち時間でスムーズに乗りたい場合は

開園後、できるだけ早いタイミングで乗る

ことがオススメです。

ダンボとピーターパンの両方に短い待ち時間で乗りたい場合は、入園直後まっすぐファンタジーランドまで突っ切ってください!!

ダンボとピーターパンはアトラクションの場所が非常に近いです。すぐ目の前です。
・先にダンボに乗って・・・次はピーターパン!
・先にピーターパンに乗って・・・次はダンボ!!
というように、はしごして乗ってしまえば移動時間も短縮されます。

どちらかというとダンボのほうが回転率が悪いので、ダンボが運営中なら先にダンボに乗ってしまうのがオススメです。

スポンサードリンク

開園直後の時間帯に乗りたい理由2つ

1. 回転率が悪いので時間が経つと待ち時間が長くなりがち

2万人ディズニーはコロナ前と比べるとかなり空いています。
一度にたくさんのゲストが楽しめるタイプのアトラクションは、待ち時間がかなり短くなっています。いつも90分、120分・・・が当たり前だったアトラクション達がとってもスムーズに乗ることができる状態です。

しかし、一度に楽しめるゲストの数が少ないタイプのアトラクション(回転率が悪いアトラクション)は、どうしても待ち時間が少し長めになりがちです。

一例として、ある日のお昼頃の待ち時間がこちらです。

ある日のお昼頃の待ち時間(一部抜粋)

スプラッシュ・マウンテン 15分
ビッグサンダー・マウンテン 15分
スペース・マウンテン 10分
プーさんのハニーハント 20分(パス必要)
バズ・ライトイヤーのアストロブラスター 10分
モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク!” 10分
ピーターパン空の旅 20分
空飛ぶダンボ 25分

※待ち時間はアプリで確認しました。

ダンボもピーターパンもコロナ前の通常時よりも短い待ち時間ではありますが、お昼頃になると大型アトラクションよりも長めの待ち時間となっています。

2. 開園直後の時間帯は大型アトラクションに行く人が多い

開園直後のタイミングは新エリアや、ジェットコースター系など大型アトラクションに向かう人が多いです。

そのため、この時間帯のダンボやピーターパンは比較的空いています。
開園直後の時間帯、朝イチの空いているタイミングで乗るとスムーズです。

まとめ

コロナ渦の2万人ディズニーで「ダンボ」と「ピーターパン」に並ぶ・乗るタイミングについてご紹介したました。

現在のコロナ渦の2万人ディズニーでは、人気の大型アトラクションも短い待ち時間で乗ることができます。回転率が良いアトラクションは後回しにしても上手く乗ることができるのではないかと思われます。

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする