お泊りディズニー子連れ&赤ちゃん連れにおすすめホテル*初旅行でも安心|こどもと2人ディズニー通い

子供とディズニー通い記事・番外編。
今回は子連れでのお泊りディズニーにオススメのディズニー近辺のホテル「オリエンタルホテル東京ベイ」をご紹介します。こちらのホテルは小さなお子さんや赤ちゃんの初めての旅行・はじめてのお泊り”おとまりデビュー”でも安心のファミリーに(特にママとお子さんに!!)優しいホテルです!

0才児の赤ちゃんはもちろん、まだまだ小さくて危なっかしい1才さん、やんちゃで行動力抜群&好奇心旺盛な目が離せない2才&3才さん・・・小さな子供連れ、赤ちゃん連れでのお泊りや旅行は何かと気がかりなものです。

今回はそんな0才~3才のベビー・キッズ連れのお泊りディズニー&お子さんのおとまりデビューにおすすめのホテルをご紹介します。

スポンサードリンク

子連れお泊りディズニーおすすめホテル・その1|オリエンタルホテル東京ベイ

ディズニー好きのママさん・パパさんなら、
「わが子のディズニーデビューが楽しみで仕方ない!」
と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

でも遠方にお住まいなら、宿泊は必須。
関東圏でも”近い”と言えない距離にお住まいの方は、まだ小さなお子さんと夕方までパークを楽しむならホテル宿泊も検討したいところです。小さなお子さんや赤ちゃん連れのお泊りは・・・1人目ママにはハードルがちょっと高いですよね。

「子供とディズニー旅行したいけど、まだお泊りは大変かな?」

そんな風に思っている方にぜひオススメしたいホテルの1つが「オリエンタルホテル東京ベイ」です。
子連れ専用のフロアがあったり、安全と衛生面にこだわって生まれた、0才から3才までの赤ちゃん・子供とママのために作られたコンセプトルーム「ベビーズスイート」など小さな子供連れでのお泊りにオススメです。

オリエンタルホテル東京ベイ|TDRパートナーホテル

ディズニーから1駅&駅直結の好立地

オリエンタルホテル東京ベイは東京ディズニーリゾートのパートナーホテル。ディズニーホテルやパーク近郊のオフィシャルホテルに次いで、ディズニーへのアクセスが良好なホテルです。

オリエンタルホテルはディズニーリゾートがある舞浜駅から電車で1駅3分の「新浦安駅」にあります。同じ京葉線で1駅、乗り換えも不要です。
東京駅からも京葉線または武蔵野線で約20分&乗り換え不要で近いです(京葉線と武蔵野線は途中まで同じ路線なので、新浦安まで行くならどちらに乗っても大丈夫)。

新浦安駅からは、北口のデッキと直結していて徒歩1分という駅前の好立地です。デッキは屋根付きなので雨が降っていても傘不要で、濡れることなくホテルにたどり着けます。
子供連れだと、寝てしまってだっこになったり・・・ということが考えられるので、駅直結1分&傘不要という立地は本当に素敵です。

TDR-ホテル間はシャトルバス運行あり

パートナーホテルということで東京ディズニーリゾートとホテル間にはシャトルバスが運行されています。シャトルバスは定員70名の大型バス!パークへはシャトルバスで約15分という近さです。ランド・シーどちらからでも乗れます。

朝と夕方は約10分間隔で運行されているので、子連れあるあるの「バタバタして乗り遅れた!」というときもすぐに次のバスが来るので安心です。

ホテルの施設も充実

ホテル内の施設も充実しています。
パートナーホテルということで、ディズニーグッズが購入できるショップ「ディズニーファンタジー」があります。こちらは朝8時から夜10時まで営業しているので、夜子供が寝たあとにパパ・ママどちらかがゆっくりお土産を買いに来ることもできますね。

子連れに嬉しいパン屋さんは10時から21時の営業。
コンビニ(ローソン)は24時間営業しているので、ちょっとしたお買い物もホテルの外に出ることなく、ホテル内で済ませることができます。

子連れ専用フロア|ベビーズスイート&キディスイートフロア

11階が0~3才の小さな赤ちゃん・子供連れ向けの「ベビーズスイート」、12階が4才~6才の子供連れ向けの「キディスイート」のフロアとなっています。

専用ラウンジでゆっくりすわってチェックイン

ベビーズスイート、キディスイートに予約すると11階の専用ラウンジ「ママサロン」でゆっくり座ってチェックイン&チャックアウトすることができます。ママサロンにはフリードリンクバーもあるので、ゆっくりお茶を飲んだりすることもできて、普段忙しいママへのちょっとしたご褒美タイムになりそうです。ほかにも、こちらでベビーグッズのレンタルや販売、レストランの予約などもできます。

レンタル備品は・・・
子供用パジャマ、おもちゃや絵本、おねしょパッド、哺乳瓶専用ブラシ&洗剤、体温計・湯温計、つめきり、アイスノン、ベビーバス、バスチェア
そして有料ですがベビーカーもあります!

また、子供用の補助便座はベビーズスイートのお部屋に常設されています。歯ブラシはベビーズスイート・キディズイート共にお部屋においてあるそうです。

販売品は・・・
おむつ 、おしりふき、ベビーフード、ベビードリンク、ベビースナック、携帯用ウェットティッシュ、粉ミルク
とこちらも充実!

何か忘れてしまっても何とかなりそうな品揃えです。

スポンサードリンク

0~3才の子連れ向けルーム|ベビーズスイート”Baby’s Sweet”

ベビーズスイートはその名の通り小さな赤ちゃん&子供連れ向けのコンセプトルームです。ママサロンも充実していますが、お部屋のほうも小さな赤ちゃん&子供とママ向けに安全面や衛生面を考えて作られています。

1・お部屋の床はクッション性のあるコルク素材

お部屋は玄関スペースで靴を脱いであがるタイプなので、はいはい時期の赤ちゃんの衛生面も安心です。
床材もこだわっていて、クッション性があるコルク素材が使用されています。転んでしまってもやわらかい床材なので安心です。

2・広々ローベッド

普段おうちではベッドではなくお布団という方の場合、ホテルでの慣れないベッドからの転落が心配になるもの。
でもベビーズスイートのお部屋は低めのローベッドなので安心です!

3・角が丸い家具

初めてのお泊りや、いつもと違うお部屋にテンションが上がって走り回ったり歩き回ったり・・・。そんなときに大人目線では気付かないような角にぶつかって大泣き、なんてこともあります。

ベビーズスイートのお部屋の家具は全ての角という角を排除!角は丸くなっています。初めてのお部屋でも安心して遊ばせて上げることができますね。

4・いたずら防止のプッシュボタン式

小さな赤ちゃん&お子さんは、見たこと無いものには興味津々・好奇心旺盛な時期です。ホテルの設備にある見たことの無いボタンは、きっと押したくて仕方が無いことでしょう。

そんな子供のいたずら防止のために、扉にはプッシュボタンが採用されています。子供の力では開閉できないようになっているそうで、ふと目を離した隙に・・・ということもなさそうです。
玄関とお部屋の間の引き戸は手を挟まないようにゴムのクッションが設置されています。

5・オムツゴミ箱も!嬉しい子育てグッズ常設

ママサロンでは様々な子育てグッズがレンタル&販売されています。それに加えて、お部屋には、オムツ用ゴミ箱・電子レンジも常設されています。離乳食やおやつなどちょっとしたものをあけるのに便利なお皿や、子供用ハンガー・踏み台・まくら・歯ブラシ・スリッパなども用意されているので、とっても便利です!

6・空気清浄機も

加湿器付きの空気清浄機も全室に設置されています。
空気清浄機で清潔を保ちつつ、乾燥しがちなホテルでも小さな子供の喉を守ってあげられます。

まとめ|赤ちゃん・小さいお子さんとのお泊りディズニーに

今回は赤ちゃん連れや小さな子供連れでのお泊りディズニーにぴったりのホテルとして「オリエンタルホテル東京ベイ」のベビーズスイートとママサロンについてご紹介しました。

新浦安駅直結・徒歩1分という好立地で、東京駅からもディズニーからもアクセスしやすいホテルです。
小さなお子さん連れでの初めてのお泊りは何かと心配がつきもの。でもこのオリエンタルホテル東京ベイのベビーズスイートは「ママと赤ちゃん」のために考えられた至れり尽くせりなお部屋です。小さなお子さんのディズニーデビュー&はじめてのお泊りにオススメです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする