[子供の肌荒れ]ステロイドは怖い?アトピー出身ママとステロイド

子供って本当に肌が弱いですよね。

乳児湿疹など肌トラブルで病院に行くと、よく処方されるのは「軽いステロイド」の塗り薬。
小児科に行っても、皮膚科に行ってもこの”軽いステロイド”をいただくことが多いです。
ママさん・パパさんに肌トラブルがないと、お子さんの肌トラブルでステロイドデビューなんてこともあるかもしれません。今回はステロイド塗り薬との付き合いについて長年アトピっこである私自身の実体験をお話します。


ステロイドと聞くと…
ステロイドって大丈夫?ステロイド塗ると皮膚が薄くなるんじゃない?
ステロイドって一度使うと手放せないんだよね?
ちょっと怖いお薬だよね?子供の肌になんて使いたくない…。
などなど、いろいろ考えてしまいますよね。

正直、あまり心配することは無いです。

私自身はアトピー持ちで、ステロイドの塗り薬は過去に何度も使用しています。
今と昔とでは時代が違うので、皮膚科事情やアトピー治療事情も違うかと思いますが、長年ステロイドには助けられています。何度も使った経験はありますが、ずっと使わなくてはいけない状況にはなったことがありません。手放せないどころか、思いっきり手放しています。

だから、もしお子さんに処方されたら、安心して使用してほしいと思います。
もちろん、お医者さんの指示に従って使用してください。


ステロイドの使用で皮膚が薄くなるというのは、実際にありました。
アトピーで大荒れで痛々しい状態だった皮膚がだんだん元に戻ってくると、明らかにステロイドを塗った箇所の皮膚が周りの皮膚よりも薄いというのは、毎度経験しています。これはステロイドの副作用”皮膚萎縮”と言うそうです。
経験上、短期試用であれば問題なく戻ります。
自分の経験では最大3年使用しても元に戻りました。

皮膚科の先生に伺ったところ、ステロイドの長期使用に関する研究をされている方もいらっしゃるそうです。すみませんが、まだ調査には至っていません…。

私自身は幼い頃からアトピー持ちで、1才すぎから皮膚科通いを続けていました。
幼少期のアトピー治療第一弾は1~3才ごろと聞いています。その後しばらくは比較的落ち着いていましたが、その次にやってきた最もひどい時期が中学時代でした。中学3年間、ステロイド剤を毎日朝晩使用していました。塗っていても非常にすさまじい状態で、友人に心配されたほどです。
少しずつよくなり、荒れが収まった頃の肌は明らかに皮膚が薄くなっていました。しかし、使用を止めて数ヶ月~半年後にはすっかり元通り。ステロイドによる皮膚萎縮なんて無かったような普通の肌に戻っていました。
ステロイド使用中は皮膚が薄くなってしまいましたが、ステロイドをやめればちゃんと元に戻ります!ただし、塗らなくても良い状態までお肌を正常に戻すことが先決です。中途半端に自己判断でやめた経験もありますが、そのときはすぐに再発・悪化。結果、ステロイドの使用期間・治療期間が長くなっただけでした…。

中学生で3年間毎日使用しても、皮膚萎縮は数ヶ月~半年程度で戻りました!
となると、代謝のいい小さな子供ならばもう少し短期間で戻ると推測されます。
※あくまで実体験からの個人的見解です。

使用途中でお医者さんの判断無しに
「皮膚が薄くなってきたからもう使うのは止めておこう」と止めるのではなく、
しっかり肌を治してからお医者さんのOKをもらって止めましょう。
中途半端に止めてしまうと、経験上治りが悪くなってしまいます。


肌が荒れているとお風呂に入るときにお湯がしみて痛かったり、
かゆみがあるとかゆくて眠れなかったり、生活するうえで色々な支障があります。

ステロイドは怖いお薬と思われがちですが、お肌を元に戻すにはとても有効なお薬だと思います。 お医者さんの指示・アドバイスを守って使用する分には、全く問題ないと思います。

残念ながら私1検体のデータなので、経験談にとどめておきます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする