アトピー性皮膚炎と新型コロナワクチン接種・1回目の副反応レポ|接種担当の医師からのお話

ご覧頂きありがとうございます。

先日、新型コロナウイルスのワクチン(モデルナ)1回目を接種してきました。
まだ接種できていない方も多いなか、接種そのものや副反応への不安がある方もいらっしゃるかと思います。

今回は、アトピー性皮膚炎(絶賛再発中!)の私がモデルナのワクチン接種をした1回目の副反応と、アトピー持ちのワクチン接種について接種担当医師からのお話についてご紹介します。

スポンサードリンク

アトピー持ちのコロナウイルスワクチン接種|1回目

私が在住している地域ではかなり予約が取りにくい状況でした。
キャンセル待ちを狙い、なんとかワクチンの予約を確保しました。
(正直、ディズニーチケットのほうが取りやすいと感じるレベルでした)

接種したときのこと

私の体調・接種したワクチンの種類などはこちら

モデルナ製ワクチン接種(1回目)

・年齢は30代
・アトピー性皮膚炎(再発中)
・アトピー以外は体調良好、持病無し
・アレルギーは無し
・多分、鉄欠乏性貧血(診断は貰ってないから申告していない)

大き目の会場だったのでたくさんの方が接種に訪れていました。年齢層も意外と幅広かったです。若い方だとおそらく10代の方もいらっしゃいました。

接種したときの痛みはほとんどありませんでした。
「もう終わった!?」
と思うくらい、痛みがなかったです。
昨年受けたインフルエンザのワクチン接種のほうが痛かったです。

1回目の副反応ついて

会場では15分間の経過観察を行いました。
特に気分が悪くなることも無く、そのまま帰宅となりました。

副反応に関しては、個人差が大きいと噂を聞いていたのですが・・・
1回目という事もあり私自身はそこまでツライ状況にはなりませんでした。

【1回目の副反応・時系列】
・約12時間後、接種した箇所の痛みで目が覚める
・ずっと、何をしていても接種箇所が痛い
・約36時間後、発熱(37.5℃の微熱)と頭痛
・市販の解熱鎮痛剤を飲むが微熱と軽い頭痛が半日続く
・約60時間後、接種箇所の痛みも軽くなり、通常の生活ができるようになる

1回目は熱も出ない人が多いと聞いていたので、
「1回目から微熱と頭痛か・・・」と少々落ち込みましたが、
鎮痛剤のおかげもあり、寝込むほどにはいたりませんでした。

2回目の副反応が心配ですが、初回以上にしっかり準備して挑みたいと思っています。

スポンサードリンク

アトピー性皮膚炎持ちのワクチン接種について|接種担当医師からのお話

新しいワクチンということで、気になることも多いですよね。
個人的には、アトピー性皮膚炎持ちでワクチンを接種しても大丈夫なのかどうかが気になったので、接種を担当されていた医師の方に質問してみました。

Q.アトピー性皮膚炎ですが、ワクチン接種は問題ありませんか?

A.特に問題ありません。ただ接種箇所は掻かないようにお願いします。

アトピーでも特に問題ないとのことで、安心してワクチンを接種することができました。

※その他のアレルギー(食物・金属・動物など)がある場合はまた異なる場合があるかもしれませんので、接種検討される際には正しい情報をご確認ください。

まとめ|1回目接種でも副反応はでる

今回はアトピー性皮膚炎持ちの私がモデルナ製ワクチン接種をしたときの1回目の副反応と、アトピー持ちのワクチン接種についての接種担当医師からのお話についてご紹介しました。

2回目のほうが副反応は出やすいという話を聞いていましたが、1回目の接種でも副反応は出ました。
副反応は個人差がありますが、解熱鎮痛剤や飲み物、冷えピタ、数日分の食料などの準備をしてからのワクチン接種がオススメです。

最後までご覧頂きありがとうございました。
2回目を接種した際には追記したいと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする