子連れディズニー季節・天気・おとまり状況別持ち物リストまとめ|ママと子供のディズニー通い

ご覧頂きありがとうございます。
子供とディズニー通い記事・第82弾!

今回はディズニーに行くときの「持ち物リスト」まとめです。

私の場合、一緒に行くメンバーやその日の過ごし方、子供の年齢・月齢、お天気・季節などによって持ち物が変わります。
子連れで何度も行って基本的なスタイルができてきたので、一度まとめてみたいと思います。

お泊りの有無や、季節(春夏の暑い日・冬の寒い日)、雨の強さなど状況に合わせて組み合わせできるようにまとめてみました。
少しでも、皆様のディズニー準備の参考になれば嬉しいです。

スポンサードリンク

ディズニー持ち物リスト|季節・泊まり有無・雨など

①メインバッグ

基本は普段の持ち物+チケットです。

チケット、さいふ、スマホ、鍵、ハンカチ・ティッシュ、
交通系ICカード(SUICA、PASMOなど)、絆創膏
②サブバッグ

パーク内でディズニーのアプリは必須!スマホの充電器は持ってきたほうが安心です。

モバイルバッテリー
ウェットティッシュ
小さめのタオル or 大きめタオルハンカチ
子供の着替え1セット
カメラ、ビデオカメラ
③小さい子供と一緒の場合

月齢・年齢に合わせて検討してみてください。

抱っこ紐以外はほとんどパーク内で購入又はレンタル可能です!

④感染予防対策(コロナ対策)

マスク着用は必須です。

予備・交換用のマスク(数枚)
アルコール消毒ハンドジェル
アルコール除菌ウェットティッシュ
ハンカチ(お手洗いのハンドドライヤーが稼動していない為)

アルコールはパーク内のいたるところにありますが、お食事の直前などこまめに消毒したい場合は持参がオススメ。
マスクは、特に雨の日や暑い日は予備や替えがあると快適です。

⑤お泊りディズニーの日
翌日用の着替えを人数分(服・下着・靴下など)
コスメ、スキンケアグッズ(メイク落とし・化粧水など)
子供用パジャマ
スマホ充電器(ホテルでのレンタル可否を確認)
コンタクトの方はコンタクトケア用品・メガネ
スマホ充電器はレンタルできるホテルもありますね。
⑥雨の日
【弱い雨の日】
かさor折り畳み傘、タオル、ビニール袋(数枚)
ウィンドブレーカー(レインコート代わりに)
【強い雨の日】
かさ、レインコート、レインコート収納用ビニール袋
タオル、バッグカバー、ビニール袋(数枚)
子供の着替え(靴下・ズボン)

弱くても終日雨なら折りたたみじゃなく長傘のほうが便利です。

子連れの雨の日持ち物リストの詳細はこちら
子連れディズニー雨の日の持ち物

スポンサードリンク
⑦暑い日(主に春夏)
飲み物、日焼け止め、うちわ・扇子、帽子・日傘
猛暑ならハンディ扇風機
熱中症対策のお菓子(塩飴、塩タブレットなど)

ハンディ扇風機は少しかさ張るので、暑さに応じて検討してみてください。熱中症予防にも、とにかく飲み物必須です。塩分・ミネラル摂取と適度な休憩も忘れずに。

子連れ・夏ディズニーの持ち物について詳しくはコチラ。
子連れ夏ディズニー必須アイテム

⑧寒い日(冬)
カイロ、手袋、ネックウォーマー・マフラー

服装など詳しくはコチラ
冬の子連れディズニー服装&持ち物で防寒必須

⑨並ぶ日(パレードを座って見る、エントランスに早めに並ぶなど)
レジャーシート
夏場は日傘、冬場はブランケット
⑩気温差のある日
はおれる物(カーディガン、薄手のパーカーなど)

夏でも夜まで遊ぶなら薄手のカーディガンがあると便利です。

スポンサードリンク

まとめ|その日にあわせた準備で快適に

今回はディズニーに行くときの「持ち物リスト」まとめをご紹介しました。

お天気やその日の予定によって色々変わるので、その日に合わせて準備してみてください。少しでも参考になれば幸いです。

ご覧頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする