塩スプレーでアトピー肌保湿|塩水スプレーの作り方

ご覧頂きありがとうございます。

少し前に流行った「塩スプレー」「塩水スプレー」「塩水化粧水」。
ご存知でしたか??
私はかなり遅れて最近になって知りました。

今回はアトピー持ちの私が、アトピー肌に塩スプレーで保湿してみた結果についてご紹介します。塩スプレーの作り方もあわせてご紹介します。

スポンサードリンク

塩スプレーでアトピー肌保湿してみた

赤ちゃんの頃からアトピー

私は赤ちゃんの頃からアトピーで、ステロイド系塗り薬・かゆみ止めの飲み薬・アトピー再発などアトピー関連は色々やってきました。
私の場合は、環境の変化や精神的なストレス、柔軟剤や服など物理的ストレスで大人になっても再発することがあります。

そして現在、アトピー再発中です。
今回も市販のお薬(ステロイド配合)でなんとかしようと試みました。しかし、良くなったり悪くなったりを繰り返すだけでなかなかキレイな状態には戻りませんでした。

そこに季節の変わり目がやってきて・・・
悪化の一途を辿っておりました。

塩スプレーとは

「アトピーに海水浴が良い」

というのは聞いたことがありましたが・・・
【塩スプレー】というものがあると知りました。

「アトピーに塩水がいい!」
というお話を見つけたんです。

塩スプレーというのは

・濃度約1%の塩水
・生理食塩水とほぼ同じ濃度(生理食塩水は0.9%)。

※生理食塩水は体の中の水分とほぼ同じ塩分濃度の食塩水。医療用は点滴や皮膚の消毒にも使われているそうです。

これを化粧水代わりに使っている方もいらっしゃるそうです。

塩スプレーの作り方

塩スプレーの作り方は簡単!

生理食塩水にあわせてしっかり0.9%の塩水を作ろうかとも思いましたが・・・細かくやりすぎると続かないのでざっくり作ってみることにしました。

準備するもの

・お塩(できれば天日塩)
・水
・計量カップ
・小さじ(又は”はかり”)
・お好きな容器(スプレーボトル等)

作り方

・お塩 小さじ1(5g)
・水 500m

塩と水をはかりとり、混ぜる。
塩を水にしっかり溶かす。

だけ。

あとはお好きな容器に入れてください。

化粧水用の小さめボトルに小分けしておくと使いやすいです。
お水は今回水道水で作りました。精製水で作る方のほうが多いのかなと感じています・・・。

スポンサードリンク

塩スプレーで保湿した結果|しっとり肌に

アトピー肌を自作塩スプレーで保湿してみました。

結果、
すごくしっとり!(←語彙力・・・)

・かきむしった箇所もほとんどしみない。
・かきむしり&乾燥でボロボロだったのにしっとり保湿された。
・かゆみが軽減された気がする。

塩スプレーする前はかなりボロボロでした。
かきむしってしまっていたので、細かな切り傷のようになっていて化粧水もしみて痛かったんです。乾燥も加わり皮膚の表面もはがれているような状態でした。

剥がれそう→気になる→掻く→かゆくなる→かきむしる→悪化

の負のループ状態だったのですが、塩スプレーで保湿することでさらさらお肌になりました。

塩スプレーはほぼしみないし、ちゃんと保湿できる!
しかもばしゃばしゃ使っていたら、数時間で肌の状態がかなり改善されました。

塩と水だけでここまで改善されるなんて・・・
アトピー肌の幼い私を抱えて皮膚科に通いつめていた、若かりし頃の母に教えてあげたいです。

まとめ|塩スプレーでアトピー肌もしっとり

今回は塩スプレーの作り方と、アトピー肌を塩スプレーで保湿した結果についてご紹介しました。

現在使い始めて数日ですが、アトピー肌がかなり改善されています。今回は塩スプレーでなんとか元の肌に戻れそうな気がしています。

ご覧頂きありがとうございました。
同じようにアトピーで悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする