ディズニー再開後ランドの様子|こどもと2人ディズニー通い

ご覧頂きありがとうございます。

子供とディズニー通い記事・第75弾!
2020年7月再開後の東京ディズニーランドに行って来ました。

今回は再開後の東京ディズニーランドの様子についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

再開後の東京ディズニーランド|2020.7

先日、再開した東京ディズニーランドに行って来ました。
公式さんからの情報や各SNSの投稿からもわかるように、コロナの感染防止対策のため様々なことが変更となっていました。

ショーパレ無し!【ご挨拶】は開始時刻の発表無し

公式サイトからもわかるように、ショーやパレードは現在開催されていません。
アトモスフィアも多くが中止となっています。

今回ランドで見れたものは

・アトモスフィア「東京ディズニーランドバンド」
・キャラクターによるご挨拶(城前・パレードルート)

でした。

正直キャラクターが好きな方、ショーパレが好きな方にはかなりキツイ状況だと思います。
私もショーパレが好きなので、少し寂しさはあります。
しかし、このような事態の中でもミッキー達がご挨拶に出てきてくれる事は本当に嬉しいです!

キャラクター達による「ご挨拶」の開催時刻は発表されていません。
現地のキャストさんに伺っても「正確な時間は分からないんです」と言われました。ざっくり「○時台のどこかで出てくるかもしれません」という表現の場合もあるようです。

入園ゲートに並ぶ前に検温

入園ゲートの待機列に並ぶ前のタイミングで検温があります。
(昔、荷物チェックをしていた場所が検温場所になっていました)

非接触側の体温計で、おでこで検温します。

混雑具合|7/1よりは多め?空いてる平日レベル

気になる混雑具合についてご紹介します。

7/1の再開初日の映像を見ると、かなり空いている印象がありました。

しかし私が行った2週目の時点では、再開初日7/1よりは人数が増えている印象があります。
ガラガラではありませんでしたが、待ち時間などはいわゆる「空いている平日程度」なのかなと思います。
チケットの追加販売があったという噂もありますし、パーク側も状況を見ながら少しずつ入園者数を調整しているのかなと思いました。

スポンサードリンク

あらゆる場所でソーシャルディスタンス

入園ゲートの待機列から始まり、アトラクションの待機列、レストランの列もソーシャルディスタンスのためのテープが貼ってありました。
様々な場面でいつもより距離があり圧迫感が無いので、すごく過ごしやすい環境でした(正直、休日の近所のスーパーのほうがぎゅうぎゅうで怖いです)。

レストランのお席も使えるテーブル・使えないテーブルがあり、お隣のグループと距離を保って食事をすることができました。

アトラクションでもソーシャルディスタンスがとられており、ゆったりと楽しむことができました。
通常時のアトラクションは、相席して人数もほぼきっちり乗ることが多いです。今はグループ単位で乗って、お隣のグループとは間を空けるようになっていました。
スモールワールドやカリブの海賊のような形であれば、グループごとに一列あけて乗船することになっていました。前の1列あくことで、視界がひらけてすごくよく見えました。

レストランやショップでは、入店人数を制限されているようでした。
ショップに関しては早めの時間帯であればスムーズに入店・お買い物が可能です。

アトラクションは比較的すぐ乗れる|5~40分待ち

私が行った日は
「全てが5分待ち!」という事はありませんでした。
すぐに乗れるアトラクションもあれば、40分待ちのアトラクションもありました。
それでも通常時に比べれば短い待ち時間で楽しめました。

一方で、表示されている待ち時間の割に、待機列の見た目が長くてビックリしました。
ソーシャルディスタンスの兼ね合いで、アトラクションの待機列がかなり長くなっていました。バズのアトラクションの待機列がプラザを通り、スイートハートカフェ近くまで伸びていたり・・・(30分待ち程です)。他のアトラクションでも「これは何の列?」という状況にいくつか遭遇しました。
待機列の長さだけを見ると「え!?こんなに待つの!?」と思ってしまいますが、実際はいつもより短い待ち時間でアトラクションが楽しめます。

現在ファストパスの発行が中止されていますが、問題なくたくさんのアトラクションを楽しむことができました。

アトラクションで一部演出変更

「みんなで言ってみましょう」系が無い

アトラクションでみんなで掛け声をするシーンがカットされていました。

・ジャングルクルーズのお守りの掛け声(ウッキーとか)は船長のみ
・チキルームの「アロハ」はゲストはポーズだけで参加

ホーンテッドマンションはウォークスルーで乗り場へ

ホーンテッドマンションではアトラクションに乗る前に立ち止まって話を聞くお部屋がありますが・・・こちらのお話がカットされていました。現在はお部屋の中を素通りして乗り場に行きます。

あっという間に乗り場に到着するので、いつもより怖さが軽減されていました。あのお部屋のお話は、怖がって泣いてしまうお子さんもいます。今なら小さいお子さんのホーンテッドマンションデビューにちょうど良いタイミングかもしれません。

消毒液が多数設置

アトラクションの出口、レストランの出入口、ショップの出入口など
本当にたくさんの場所に消毒液が設置されています。

レストランの入口に関しては、キャストの方が皆さんに消毒液での消毒を薦めていらっしゃいました。
消毒液が設置されている場所=消毒を推奨している場所
だと思います。見つけたらこまめに使用するのが良いと思います。

ハンドドライヤー使用不可

お手洗いなどに設置されている手を乾かす「ハンドドライヤー」が使用不可となっていました。飛沫防止の意図があるのかな?と思われます。

ハンカチを忘れずにもっていきましょう。

スポンサードリンク

今、子連れってどうなのか

意外と小さなお子さん連れのご家族や親子を見かけました。

このような事態なのであまりにも小さいお子さん連れは不安があるかなと思いますが、パーク自体はしっかりと対策してくれていることを感じました。

お子さんでも

・マスクがちゃんと着用できる
・手洗いができる
・こまめにアルコール消毒ができる
・何でも舐めない

といったことが普通にできる年齢であれば大丈夫かなと思っています。
わが家の子供はまだ「無駄に何でも触る」ので持参したアルコール除菌ジェルでこまめにこまめに消毒していました。

まとめ|今は対策しながら楽しむ

今回は再開後の東京ディズニーランドの様子についてご紹介しました。

実際に東京ディズニーランドに行ってみて、パーク側がしっかりと対策してくださっていることを感じました。
ゲスト側もマスク着用・こまめな消毒・ソーシャルディスタンスを実施して、安全に楽しむことが大事だと思いました。

いつものパークとは違いますが、ここにしかない空間を十分な対策と共にたくさんの方にぜひ楽しんで欲しいと思います。

ご覧頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする