ディズニーパイレーツサマー2019「ゲットウェット!」キッズエリアと抽選有無・出演キャラクター|こどもと2人ディズニー通い

ご覧頂きありがとうございます。
子供とディズニー通い記事・第67弾!

2019年夏、昨年に引き続き今年も東京ディズニーシーでは散水ショーもある「東京ディズニーシー ディズニー・パイレーツ・サマー」が開催されています。
今回はディズニー・パイレーツ・サマー2019の散水ショー「パイレーツ・サマーバトル”ゲット・ウェット!”」の開催期間・出演キャラクター・抽選有無、そして昨年TDSで確認した情報から今年のキッズエリア(ファミリーエリア)予想についてご紹介します。

スポンサードリンク

ディズニーパイレーツサマー2019|パイレーツサマーバトル「ゲット・ウェット!」

散水ショー|パイレーツ・サマーバトル「ゲット・ウェット!」

その名の通り海賊をテーマにした夏のイベントです。一昨年の2017年の夏からスタートし、この夏で3年目を迎えました。イベントのメインとなる散水ショーが「パイレーツ・サマーバトル”ゲット・ウェット!”」です。
3年目の今年も「パイレーツ・サマー」でカリブの海賊の雰囲気をぜひ体感してください!

ダンスや掛け声など参加型のショーになっている事もあり、盛り上がり方が凄いです。散水量も多く、ダンサーさんもキャラクターもゲストもみんなでびしょ濡れになって盛り上がれます。

開催期間|7/9~9/1

開催期間は
7月9日(火)から9月1日(日)まで
となっています。

1日3回公演が予定されています。
公演1回あたり25分間のショーでとっても見ごたえがあります。

出演キャラクター

出演キャラクターはコチラのお二方です。

・キャプテン・ジャック・スパロウ
・キャプテン・バルボッサ

去年・一昨年に引き続き、3年目もやはりミッキー達は登場しません

観賞場所の抽選有無|抽選有(1回目公演は抽選無し)

1日3公演ありますが、公園1回目は抽選無しとなっています。
2回目・3回目公演は基本的には抽選が実施されます。

抽選となる観賞場所はメインの観賞場所3ヶ所になります。

・リドアイル(ハーバー左側)
・ピアッツァ・ トッポリーノ(正面の広場)
・ザンビーニブラザーズリストランテ前(ハーバー右側)

抽選に外れた場合も大丈夫!

2回目・3回目公演の抽選に外れてしまった場合も、抽選エリア外であれば鑑賞可能です。
抽選エリアの周辺や後方、抽選エリアと抽選エリアの間を結ぶ通路部分でも鑑賞できます。遠くなってしまいますが、ハーバーの反対側の「フォートレス・エクスプロレーション」付近でも見えるかなと思います。

抽選エリア外でも場所によっては水にぬれる可能性もあります。公式サイトやTODAYに水がかかりやすいエリアの記載がありますので、ご確認のうえ防水対策を実施してください。

スポンサードリンク

キッズエリア(ファミリーエリア)予想|2018年情報からの予測

2018年夏に実際にディズニーシーで「ゲット・ウェット!」をキッズエリア(正式名称:ファミリーエリア)で鑑賞してきました。
その際に得た情報&経験から、2019年「ゲット・ウェット!」のキッズエリアを予想します。

このショーが始まってから過去2年間(2017年・2018年)キッズエリアが設置されていました。今年2019年も同様にキッズエリア(ファミリーエリア)が設置されていると思われます。

2019年「ゲット・ウェット!」のキッズエリア(ファミリーエリア)の設置予測は以下のとおりです。あくまで昨年までの情報からの予測となりますので、詳細は現地のショー案内キャストさんにご確認くださいませ。

場所:メインの観賞場所3ヶ所
リドアイル、ピアッツァ・ トッポリーノ、ザンビーニブラザーズリストランテ前
抽選有無:有(1回目無し)
昨年のキャストさんのお話によると・・・
抽選エリア内となるため、2回目・3回目公演はキッズエリアも当選者優先でご案内されるようでした。もし当選者案内終了後にキッズエリア内が埋まってない場合は、当選していない方にもご案内する場合もあるとのことです。あくまで当選者優先となるので、2回目・3回目公演は落選した場合は早くから待機していてもキッズエリアに入れる保障はありません。
対象年齢:小学校6年生以下のお子さんと家族
散水量と濡れ具合:キッズエリア前方は散水量が多い
昨年の感じだと、キッズエリアは通常の鑑賞エリアよりも僅かに加減されているように思われました。ですが、もともとの散水量がかなり多いショーなので、キッズエリア内も前方はかなり濡れました。Tシャツ・短パンが十分絞れるレベルです。特にショー後半は土砂降りの中で立っているような状況でした。
かかる水の量は風向き・観賞場所にもよりますが、キッズエリアとはいえ防水対策が必要だと思います。
キッズエリアご案内開始時刻:要ご確認!
昨年は以下のように案内されていました。
1回目公演は15分前に案内開始(案内開始前から近くで待機するのがオススメです)。
2回目・3回目公演は当選者の入場と同時に案内開始。

まとめ|かなりの散水量!対策必須です

暑い夏ならではの散水ショー。「ゲット・ウェット!」はとにかく水の量が多いので、カメラ・スマホ・お財布などの防水対策をしっかりするのがオススメです。
レインコートやレインポンチョも便利ですが、ショー開始前から着込んでいると暑い日はサウナ状態になって熱中症になる恐れがあります。ショーが始まったタイミングで着ても良いと思います。

テーマは「海賊」ですが、水遊びが大好きな小さな子供達も楽しめるショーになっています!掛け声や楽しい”海賊修行”でぜひ一緒に盛り上がってください。
ご覧頂きありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする