外貨コインの両替|PocketChangeで電子マネーにチャージ

ご覧いただき、ありがとうございます。

海外旅行で余りがちなのが海外のコイン。
ゴールデンウィークや年末年始、夏休みなどの大型連休で海外旅行に行かれた方!手元に残った外貨コイン(小銭)の使い道にお困りではないでしょうか?

外貨の紙幣は様々な所で日本円に両替できますが、外貨コインは両替できない場合が多いです。

今回は、そんな余りがちな外貨コインを【電子マネーのチャージ】という形で”日本円に両替”し、日本国内で使えるようになる『PocketChange(ポケットチェンジ)』についてご紹介します。

スポンサードリンク

外貨コインでチャージ!PocketChange

登録不要!持ち物は外貨と電子マネーのカードのみ

面倒な登録関連が一切なく、両替したい外貨と電子マネーのカードだけあれば大丈夫です。

対象通貨

取り扱いの対象となる通貨は以下の通りです。外貨コインでチャージできるのが魅力ですが、一部通貨はお札のみの取り扱いとなっています。

お札・コイン対応通貨

USD米ドル
EURユーロ
CNY中国元
KRW韓国ウォン
JPY日本円

お札のみ対応通貨

HKD香港ドル
THBタイバーツ
TWD台湾ドル
SGDシンガポールドル
VNDベトナムドン

引用元:対応通貨|Pocketchange

交換先はSuicaなど電子マネー各種

交換先となる電子マネーの対象は以下の通りです。この他に、日本以外の電子マネーにもチャージできます。

交換先電子マネー
・交通系ICカード(Suica、Kitaca、PASMO、tolca、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん)
・楽天Edy
・Amazonギフト券
・Apple Store&iTunesギフトカード
・WAON
・nanaco

Suicaなど、交通系ICカードも対象となっています。Suicaなどはコンビニなどでの支払いにも対応しているので、使い勝手が良さそうです。
WAONはイオン系のスーパーやコンビニ、nanacoはヨーカドーやセブンイレブンで使用できますね。
普段使っているカードにチャージできる点が嬉しいです。

スポンサードリンク

実際に使ってみました

今回は新宿のHISに設置されているpocketchangeを利用しました。
米ドルの紙幣と大量のコインを、nanacoにチャージします。

大量のコインと紙幣数枚は、大学の卒業旅行や遥か昔に家族旅行で行った時に余ったもの。家族旅行はかなり前なので、15年以上前のコインも混ざっているはずです…。

機械はこんな感じ。コンビニのATMサイズのコンパクトなものでした。

『コインは一枚ずつ』
と記載がありましたが、何十枚とあるので結局後半はじゃらじゃらーと投入。紙幣もあったのですが、こちらはしわくちゃすぎて上手く認識されず断念!!

じゃらじゃら大量のコインで

833円でした。
この後、別のお店で紙幣の両替も済ませて、トータル2500円超えのお小遣いとなりました。

まとめ|眠っていた外貨コインを活用

今回は、外貨コインを【電子マネーのチャージ】という形で”日本円に両替”できる『PocketChange(ポケットチェンジ)』についてご紹介しました。

「また今度行った時に使おう」
というのもいいですが、使わず何年もずっと置いてあるコインがあるなら国内で使える形にするのも良いと思います。

ご覧いただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする