メルカリでディズニーパスポート出品禁止|使用済/未使用の見分け方

ご覧いただきありがとうございます。
メルカリの方でディズニーのパスポート(チケット)の出品がかなり厳しく取り締まりされているようです。

今回は、メルカリでのディズニーチケット出品禁止と東京ディズニーリゾート公式の転売対策、ディズニーパスポートの未使用/使用済みの見分け方についてご紹介します。

スポンサードリンク

メルカリでディズニーパスポート出品禁止|転売トラブル予防策

メルカリ・TDRそれぞれの方針

メルカリ側

以前はメルカリでもディズニーリゾートのワンデーパスポートが多数出品・取引されていました。
しかし、最近かなり厳しく出品が取り締まりされるようになったようです。例え出品してもすぐにメルカリ側から取り下げられたりしているようです。

メルカリのガイドによると、チケット関連の出品禁止については以下のようになっています。

チケット類

有形/電子を問わず、転売目的で得たとみなされるチケットや、代金支払い証明書・引換票・別途支払いが必要となるチケットなどの販売は、トラブルとなるおそれがあるため禁止します。

■主な違反商品

転売目的で得たとみなされるチケット
記名式チケットや、個人情報の登録のあるチケット
記名式の航空券
使用が利用者本人に限られているもの
手元にないチケット類
その他、上記と同等とみなされるもの

引用元:メルカリガイド|禁止されている出品物

メルカリガイドだけを見るとワンデーパスポートのメルカリ出品は一見問題無いように見えます。

東京ディズニーリゾート公式サイト側

東京ディズニーリゾートの公式サイトでも転売についてこのような記載があります。

パークチケットの営利目的での不正な転売が確認された場合は、パークチケット利用規約等の販売条件の違反行為として、該当チケットおよび不正な転売行為に関わった方が購入した全てのチケット(転売対象となっているか否かに関わらず)を無効に致します。

そのため正規販売店ではない、チケット転売サイトやオークションサイトまたは金券ショップ等で販売されているパークチケットは無効とされている場合があります。この場合、パークへご入園いただけず、当社による返金等の補償対応もいたしかねますのでご注意ください。

引用元:東京ディズニーリゾート|不正転売対策の実施について

東京ディズニーリゾート公式として、厳しく不正転売対策を行っているようです。
公式として転売NGと定めているので、メルカリ側も出品禁止としているのかもしれません。

スポンサードリンク

トラブル防止|使用済みか未使用かの見分け方は無い

購入したディズニーのパスポート(チケット)が使用済みなのか、未使用なのかを見分ける手段なのですが…

我々ゲスト側が
「パスポートの未使用/使用済み」
を見分ける手段は現状ありません。

パークへの入園時はパスポートの裏側のQRコードをピッとかざすだけです。入園前後でパスポートには見た目の変化がありません。穴もあけませんし、スタンプも押しません。

ディズニーチケットカウンター、公式サイト、公式アプリ、ディズニーストア、旅行代理店、コンビニなど、正規販売店で購入するのは全く心配いりません。
あとは、自宅で未使用チケットと使用済みチケットを分けて保管すれば大丈夫です。

しかし、正規ルート以外となる金券ショップ、ネットオークション、フリマサイト、フリマアプリなどでの購入には危険が伴います。未使用チケットとして販売されていたものを購入しても、実は使用済みだったというケースもあるようです。
使用済みと発覚するのは、残念ながらパークの入園ゲート。せっかくのパークでの1日を無駄にしない為にも、こうした非正規ルートでの購入は止めておきましょう。

まとめ|パスポート購入は正規販売店で

メルカリでのディズニーチケット出品禁止と東京ディズニーリゾート公式の転売対策、ディズニーパスポートの未使用/使用済みの見分け方についてご紹介しました。

現状、我々ゲスト側が『パスポートが未使用か使用済みか』を見分ける事はできません。
トラブル回避のためにも、パスポートは正規販売店で購入しましょう。

ご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする