ディズニーパイレーツサマー2018「ゲット・ウェット!」キッズエリア詳細情報!!抽選有無&出演キャラクター|こどもと2人ディズニー通い

子供とディズニー通い記事・第47弾!

今年も夏ディズニーの季節です。東京ディズニーシーでは散水ショーもある「東京ディズニーシー ディズニー・パイレーツ・サマー」が開催されます。
今回はディズニー・パイレーツ・サマー2018の散水ショー「パイレーツ・サマーバトル”ゲット・ウェット!”」の開催期間・出演キャラクター・抽選有無、そして実際にTDSで確認したキッズエリアの最新・詳細情報についてご紹介します。

追記:7/19
実際にキッズエリア(正式名称:ファミリーエリア)で鑑賞してまいりましたので、キッズエリアの詳細情報としてキッズエリアの場所、対象年齢や水の量&濡れ具合、キッズエリアのご案内開始時間など分かったことを追記させていただきます!

スポンサードリンク

ディズニーパイレーツサマー2018|パイレーツサマーバトル”ゲット・ウェット!”

散水ショー|パイレーツ・サマーバトル”ゲット・ウェット!”

昨年2017年から新たに”海賊”をテーマに始まったディズニーシーの夏のスペシャルイベント「ディズニー・パイレーツ・サマー」。その散水ショーが「パイレーツ・サマーバトル”ゲット・ウェット!”」です。
2018年も引き続きカリブの海賊の雰囲気が味わえる「パイレーツ・サマー」が楽しめます!

ダンスの一体感がすごかったり、掛け声があったり、水かけがあったり、パイレーツサマーならではのちょっとしたフェス感を味わえる夏ならではの散水ショーです。ハーバーには海賊船も登場します!

開催期間|7/10~9/2

開催期間は
7月10日(火)から9月2日(日)までとなっています。
1日3回公演が予定されています。強風や荒天時は公演がキャンセルになる場合もありますので、天気予報の”風速”にご注意ください。

出演キャラクター

映画「パイレーツオブカリビアン」の世界観ということで、出演キャラクターはこちらのお二方!

・キャプテン・ジャック・スパロウ
・キャプテン・バルボッサ

昨年と同様、おなじみのミッキーたちは一切登場しません。

スポンサードリンク

観賞場所の抽選有無|抽選有(1回目は無し)

1日3回公演のうち、公演1回目は抽選無しが決定しています。
2回目・3回目公演は、その日の混雑具合にもよりますがメインの観賞場所(3ヶ所)の鑑賞について抽選が実施されるそうです。抽選が実施されない日もあるそうなので、予め公式サイトで確認しておくのがお勧めです。

抽選に外れた場合

2回目・3回目公演の抽選に外れてしまった場合でも、抽選エリア以外の場所での鑑賞が可能です。3つのメインの観賞場所(リドアイル、ピアッツァ・ トッポリーノ、ザンビーニブラザーズリストランテ前)をそれぞれ結んでいる道であれば、ダンサーさんやキャラクターが通るので、十分ショーを楽しめます。

抽選エリア外だから水に濡れない・・・というわけではありません。抽選エリア外の観賞場所でも水に濡れる可能性が高いため、しっかりと防水対策して挑みましょう。

キッズエリア(ファミリーエリア)詳細情報|3ヶ所有りました

7/19:パークに行ってきましたので、予想としていた情報を変更し、最新情報を追記させていただきます。

2018年、今年も昨年に引き続きキッズエリア(正式名称:ファミリーエリア)が設けられていました!

予想通り、キッズエリアが設けられているのはメインの観賞場所であるリドアイル、ピアッツァ・ トッポリーノ、ザンビーニブラザーズリストランテ前の3ヶ所でした。

詳細情報がこちらです!
場所:
メインの観賞場所3ヶ所に設置
リドアイル、ピアッツァ・ トッポリーノ、ザンビーニブラザーズリストランテ前

対象年齢:
小学校6年生以下のお子さんと家族

水の量&濡れ具合:
メインの観賞場所の正面よりは若干少ないように思われますが、Tシャツが十分絞れるレベル。無防備に行けば服のままプールに飛び込んだような状態になれます。豪雨の中で立っているような状態なので、レインコートの隙間からも容赦なく入ってきます。
(※水量は風向きにもよります)ご案内開始時刻:
※その日によって異なる可能性がありますので参考程度に。
抽選無しの1回目公演は15分前に案内開始。(案内開始のタイミングで行けるように少し前からファミリーエリアの近くで待機がおすすめ!埋まったら案内終了。)
抽選有の2回目・3回目公演は番号順での入場時にファミリーエリアに案内される模様。

抽選有の2回目・3回目公演で抽選に外れてしまっても、ファミリーエリア内が埋まっていない場合は、当選者の方のご案内終了後に入れる場合があるとのお話でした。ただしあくまで当選者優先なので、必ず入れるという保障はできないとのことです。
抽選にはずれてしまった場合は、ファミリーエリアの残りスペースを狙うのもありですが、抽選エリア以外のところで最前列を狙って場所取りするとお子さん連れでも見やすいと思います。または、ちょっと遠くの階段の上や橋の上から見る形にすると、水もかからず、ゆったりとショーの全体像を楽しめると思います。前方で見ると迫力がある分、水がめいっぱい・・・半端無い量がかかるショーなので、あえて遠くから楽しむのも1つの手段です。

半端じゃない濡れ具合|用意は周到に

この「ゲットウェット」はステージからの散水だけではありません。
ステージにある酒樽風容器の中にはめいっぱい水が準備されており、海賊に扮したダンサーさんたちが目いっぱいバケツで水を”ぶちまけて”くれます。後半にはホースで水をかけてくるダンサーさんも登場するのでかなり濡れます。このホース登場でゲリラ豪雨を思わせるバケツをひっくり返したような雨状態になります。
場所によるとは思いますが、ランドの「ディズニー夏祭り」の散水ショーよりも濡れる印象があります。

キャストさんのおおげさ?とも思われる例えが本当に的確で面白かったです。
例1:「服を着たまま海に飛び込んだようになりますのでご注意くださいね」
例2:「服が絞れるくらい濡れますのでカメラやスマートフォンなどご注意ください」
本当にその通りでした。

乾き難いスニーカーや革靴、デニムのスカートやジーンズ、無防備なままのスマホ・カメラ・財布・バッグはあとで恐ろしいことになること間違いなしです。
しっかり準備して、しっかり防水対策して挑みましょう。

散水ショーの持ち物・準備についてはこちら
夏ディズニー♪何歳から?子連れ散水ショー持ち物&事前準備
ただし、あまり早くからレインコートを着ているとサウナ状態になって熱中症になる恐れがあります。ショーが始まってすぐはまだ散水が無いので、ショーが始まったタイミングで準備を始めても大丈夫です。

まとめ|今年の夏もディズニーシーは海賊!

この夏、東京ディズニーシーで開催される夏イベント「ディズニー・パイレーツ・サマー」の中から散水ショー「パイレーツ・サマーバトル”ゲット・ウェット!”」についてご紹介しました。

なんといってもすごい水の量で「バケツをひっくり返したような雨」状態になる夏ならではのショーです。掛け声やダンスなど迫力のパフォーマンスが楽しめるので思い切り盛り上がりたい!という方にお勧めです。一緒に踊る振り付け(?)はとっても簡単なので、小さなお子さんでも真似して楽しめると思います。

大事なスマホやお財布の防水対策をしっかりして・・・ぜひ思いっきり楽しんでください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする