TDL35周年新パレード「ドリーミングアップ」土日の場所取り術|こどもと2人ディズニー通い

子供とディズニー通い記事・第43弾!

35周年を迎えた東京ディズニーランドで、2018年4月より新しくスタートしたパレード「ドリーミング・アップ!」。お昼の通年パレードの5年ぶりのリニューアルということで、注目されていることもあり、抽選鑑賞エリアが設置されるなどパレードルートも賑わいを見せています。

今回は、東京ディズニーランド土日の混雑日における新パレード「ドリーミング・アップ!」の場所取りについてご紹介します。

スポンサードリンク

新パレード「ドリーミング・アップ!」|場所取り術

通常の土日程度の混雑具合の場合(晴れ~曇り)

今回は、一般的な土日の混雑具合の場合の場所取りについてご紹介します。
夏休みなどの長期休暇期間、3連休の場合はもっと混雑が予想されます。その場合は更に早めの場所取りをするか、多少のこだわりを捨てる必要があると思われます。天気や気温、その日の混雑具合によって前後すると思いますので、あくまで目安として参考にしていただければと思います。

最前列を取る!

最前列を確保したい場合はパレード開始の90~80分前の場所取りお勧めです。混んでるなと感じた場合は、もうちょっと早めでも良いかもしれません。

広いパレードルートのどの場所でも良いから最前列で見たい、と言う場合はパレード開始の70~75分前でもあいている場所が一部ありました。1時間前には最前列はほぼ埋まってしまっていたので、ぎりぎり70分前くらいまでには動いたほうが良さそうです。

しかし、大人数で一緒に見たい(広めの場所を確保したい)場合や、日陰で見たい・逆光を避けたい・パレードルートの右側で見たい・シンデレラ城と一緒に見える場所で見たい・・・などのこだわりがある場合は90分前位なら比較的選択肢もあるのでお勧めです。

2列目は押さえたい!

最前列でなくても2列目くらいで押さえておきたい!と言う場合は75~50分前位には場所取りに動くことをお勧めします。

1時間前をきると、ぐっとパレード待ち・場所取りの人数が増えてきます。1時間前からレジャーシートを大きく広げて待てる時間になるため一気に『もうすぐパレード』という雰囲気になってきます。このためなのか、1時間前~50分前くらいに場所をとりはじめる方が増える印象があります。
多少のこだわりがある場合(広めの場所の確保、パレードルートの右側・・・など)は早めの75~60分前に動くのがお勧めです。
どこでもいいから2列目を!という場合は、50分前でもギリギリ確保できるかなといったところかと思います。

スポンサードリンク

スタート地点を見たい!

パレードの開始地点、つまりスタート地点の扉前付近をピンポイントで押さえたい場合はかなり早めの場所取りが必要だと思います。こちらは場所が限られている事もあり、100分前の時点では既に最前列は埋まっていました。

場所取りに乗り遅れた!そんな時は・・・

気がついたら見渡す限りあいてる場所が見つからない・・・
そんな時は迷わずパレードルートにいるキャストさんに聞いてみましょう。

パレードを鑑賞したいがまだ座れる場所があるかどうか、近くにない場合はどの辺にいくのがおすすめか、などといった内容で確認してみるのがお勧めです。キャストさんから近くの案内中の場所を教えていただけることもあります。周辺で座り見の場所が無い場合はその情報を教えていただけるので、その場所はさっと諦めて別の場所に探しに行くこともできて効率的です。

まとめ|早めの場所取りがお勧め

2018年に新しくスタートしたばかりのお昼のパレード「ドリーミング・アップ!」。まだまだしばらくは人気が続きそうですので、こだわりがある場合は早めの場所取りがお勧めです。

とはいっても、アトラクションも乗りたいし、レストランでご飯も食べたいし、写真も撮りたいし・・・パークでやりたいことはたくさん!!
大人が複数名いる場合は是非とも上手に手分けして場所取りしたり、アトラクションを楽しんだりしてください。大人一人で子供連れの場合は、先にフードメニューをテイクアウトしてから場所取りに向かうのがお勧めです。35周年ならではのフードメニューもたくさんありますので、パレード開始まで35周年メニューを楽しみながら待つのも今年ならではの楽しい時間になると思います。

パレードの場所取りは、その日の混雑具合や天候にも左右されると思いますので、様子を見ながら判断してみてください。

ドリーミングアップの出演キャラクターについてはこちら
TDL35周年新パレード「ドリーミング・アップ!」キャラクター&観賞場所抽選
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする