子連れディズニー雨の日の持ち物リスト|こどもと2人ディズニー通い

子供とディズニー通い記事・第38弾!
今回は子連れディズニーの雨の日の持ち物をご紹介します。

家族の予定をあわせて日付指定券を取ったのに、雨だった。
遠方だから、宿泊もおさえてて日程変更は難しい。

子連れのお出かけとしては、できれば雨の日は避けたいものですが、どうしてもその日に行きたい!その日しかない!という場合もあるかと思います。そんな時も、雨対策をしておけば大丈夫です!

実体験&失敗から学んだ子連れディズニーの雨の日対策グッズ、持って行くと便利な持ち物をご紹介します。

スポンサードリンク

子連れディズニー雨の日対策!持ち物リスト

本降りの雨なら必需品!

まずは本降りの雨の日なら必需品!小雨でも備えておきたい持ち物をご紹介します。

子供用レインコート

小さなお子さんなら傘よりレインコートやレインポンチョが無難だと思います。移動中や屋外で並ぶときもしっかり手をつなげるので安心・安全です。眠くなったり疲れたときはレインコートのまま抱っこしてしまえば、あまり濡れる心配もありません。

屋外のアトラクションはレインコートを着たまま楽しめるものもあります。例えば、小さなお子さんにも人気のあるジャングルクルーズではレインコートの着用がキャストさんからもお勧めされる場合があります。乗り込む船は屋根つきですが、壁が無いので横から雨が入ってきたり、屋根の隙間から雨が落ちてくる場合もあります。

大人用レインコート

本降りの雨なら、大人もレインコートを着てしまっても良いと思います。あまり濡らしたくない荷物やバッグはレインコートの中に一緒に入れてしまえば安心です。荷物も入れるなら、ゆったりサイズのレインコートやレインポンチョがおすすめです。レインポンチョなら、ディズニーランド・ディズニーシーのショップやボンボヤージュで売っているグッズのポンチョもおすすめです!

パレードやショーを鑑賞する場合は傘NGになる場合もあるので、持って行くことをお勧めします。また、子供用レインコートの欄でお話したとおり屋外のアトラクションを楽しむ可能性がある場合は、持って行くほうが良いと思います。

傘 or 折りたたみ傘

レインコートがあっても、やっぱり傘はあったほうが良いです。視界を確保するという意味で、透明なビニール傘がおすすめです。風が強くても折れ難いというビニール傘も最近あるようです。個人的には折れ難いビニール傘がベストかなと思います。

屋内にいる時間が長そうな日(マーメイドラグーン中心!など)や、午後から雨が上がるといった日は折り畳み傘が良いと思います。

レインコート収納用バッグ(濡れても大丈夫な素材のもの)

アトラクションやショップ、レストランに入ったとき等に、脱いだレインコートをさっと入れておく為のバッグがあると便利です。
レインコートの付属の収納バッグでも良いのですが・・・多くの場合、レインコートをキレイにたたまないと入らないコンパクト設計だと思います。アトラクやレストランの列に並びながら、子供を見ながら、きれいに畳むのはちょっと大変かと思います。きれいに畳まずざっと入れておけるサイズのバッグがあると、便利です。
濡れても大丈夫な素材のものを準備しておいたり、100均などで売っている”ショッピングバッグ”(エコバッグ)の中にビニール袋を入れて使っても良いかと思います。

予備ビニール袋2枚以上

濡れたものを持ち歩く・持ち帰るときに便利です。他の荷物をぬらさずに一緒にバッグに入れて持ち運べます。
小さなサイズのビニール袋を複数持っておくと、様々なものを分けて収納しつつ無事に持ち帰れます。

特に濡れて着替えた子供の靴下・・・なぜかすさまじいにおいになるので、ビニール袋に収納するのがお勧めです。

子供用着替え(靴下・ズボン必須)

レインコートを着ていてもやっぱり靴下・ズボンは濡れてしまいがち。子供用の着替えは一式持っておくのがお勧めですが、本降りの雨の日なら靴下は2セット持っておくと安心です。
靴も服も靴下も、どうしても足りなくなったらショップでお土産もかねて購入しちゃいましょう!あえて持っていかずにパークで購入でも大丈夫です。上から下まで一気にディズニーコーデの完成ですね。
(夏の散水ショーで水を浴びて、服や靴を全てパークで買って着替えたという友人もいます)

タオル

少し大きめのハンドタオルを家族の人数に合わせて複数持っておくと便利です。

スポンサードリンク

パレードやキャッスルショーを座り見エリアで見るなら・・・

雨になるとパレードは最前列から立ち見になることもありますが、混雑日は最前列のみ座って(またはしゃがんで)鑑賞という場合もあります。キャッスルショーの場合は、雨の日もシンデレラ城前のキャッスルフォアコートは座り見になる場合があります。
雨の日でも座って見たい場合は、パレード&ショー待ち・鑑賞の準備もしておくと当日が楽です。

家族分のレインコート

場所やショーによっては鑑賞中の傘NGとなる場合があるので、家族全員分のレインコートを準備しておくと良いと思います。

ちなみに、ここ1年ほどで雨の日に鑑賞したディズニーランドでのパレードとショーについてですが・・・
キャッスルショーのキャッスルフォアコートでの鑑賞は傘NGでした。
パレードのキャンセルグリーティング(雨の日verの短めのパレード)は傘OKでした。

薄めのレジャーシート&レジャーシートを入れるビニール袋

雨の日は水分を吸い込まないような薄めのレジャーシートがお勧めです。ふかふかのクッション素材が入っているレジャーシートは水分を吸い込む可能性があるので、避けたほうが良さそうです。

使用後の濡れたレジャーシートを持ち帰るためにレジャーシートが入るサイズのビニール袋があると便利です。

荷物を入れるビニール袋(45Lサイズなど大きめのもの)

パレードやショーの待ち時間&鑑賞中に荷物を雨から守りつつも、レジャーシートの上において置くために大きめのビニール袋を準備しておくと便利です。
家族分の荷物をまとめて入れておくことを想定し、45Lサイズなど大きめのビニール袋を用意しておくと良いと思います。大きなビニール袋もきれいにたためばコンパクトに持ち運べます。

まとめ|雨の日もディズニーは楽しめる

最近は雨の日でもミッキーやキャラクターたち・ダンサーさん達がレインコート着用でパレード(雨の日verの”グリーティング”)をしてくれる日が多い気がします。

「せっかくのディズニーなのに・・・」
と落ち込まず、雨対策をしてめいっぱいパークを楽しんできてください!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする