油性マジックの落書きを簡単キレイに消す方法!家にあるものでOK

お子さんが大人しくお絵かきしてるなぁ~と思ったら
フローリングに!!テーブルに!!
いつの間にやら油性マジックで落書きしてた、なんてことありませんか?

わが家は先日やられました。マジックのほうが色がはっきりしてて楽しいんでしょうね…。
でも大丈夫。イライラしないで面白いほどさっとキレイに消せる方法があります。

今回は油性マジックの落書きをおうちにあるものでキレイに消す方法をご紹介します。
素材別のおすすめ方法も後半でご紹介します!

スポンサードリンク

家にあるもので油性マジックの落書きを消す方法

用意するもの

・メイク落とし 又は マニキュアの除光液

・コットン 又は ティッシュ

・仕上げ用ウェットティッシュ

実践・油性マジックの落とし方

今回は撮影用にテーブルに書いてみました。

除光液はティッシュやコットンにしみこませて使用します。
メイク落としはそのまま落書きに落とします。

【その1. 除光液をつかってみました】
除光液をしみこませたコットンでさっとなでると…

この通り!
さっとなでただけでキレイにふき取れました。ふき取ったコットンはまっ黒。
※除光液は揮発性が高いので換気の良い環境で使用してください。

【その2. メイク落としを使ってみました】
メイク落としを指でくるくる馴染ませると

だんだんマジックのインクが浮き上がってきました。(1分以内)
こちらをふき取ればすっかりきれいになります。

ふき取ったあとのコットン&テーブルがこちら。

落書きはすっかりキレイに消えました。

スポンサードリンク

除光液より安全!オススメは消毒用無水アルコール

常備していないご家庭も多いかなと思いますが、消毒用の無水アルコール(無水エタノール)もオススメです!除光液のように、無水アルコールをコットンやティッシュにしみこませてふき取るだけできれいになります。消毒用アルコールをお持ちの方はぜひお試しください。

除光液はアセトンなど有機溶剤が主成分です。無水アルコールも同じ有機溶剤なので、油性マジックを落とす効果があります。除光液の主成分・アセトンのほうがマジックを落としやすいです。一方、無水アルコールは消毒用で売られているため飲まない限りは無害です。そういった点では除光液よりも安心ですね。

アルコール除菌スプレーなどは他に水系の添加物が入っているものもあるので、油性マジックを落とすにはちょっと力不足になってしまいます。裏側の成分表を確認してみてください。

素材別!除光液・無水アルコールorメイク落とし
どっちがオススメ?

畳:除光液・無水アルコールがオススメ

除光液をコットンなどにしみこませてから、畳の目にそってさっとふき取りましょう。
畳に浸透すると大変なので、除光液は直接かけないほうが良いと思います。一度でふき取れない場合は、再度新しいコットンを使用してふき取りましょう。汚れが畳に戻らないように、ふき取った後の汚れたコットンは使用しないことをオススメします

テーブルなど水拭きできる木製家具:どっちもOK

今回実勢したものと同様ですので、基本的にはどちらもほぼ問題なく使用可能と思われますま。しかし、素材によってはしみこんでしみになってしまったり、表面のワックスや塗装がはがれてしまう可能性もあります。目立たないところで確認してからやってみてください。

窓ガラスなどのガラス類:どっちもOK

ガラス類もどちらも使用可能です。比較的落としやすい素材です。広範囲の場合は、除光液でざっと拭いたあとに水拭きするのがオススメです。

フローリング:メイク落としがオススメ

除光液及び消毒用アルコールの使用は素材によっては白っぽくなってしまう可能性もあるので、メイク落としの使用をオススメします。

おもちゃなどプラスチック素材のもの:メイク落としがオススメ

プラスチックの種類にもよりますが、プラスチック素材への除光液および無水アルコールの使用はNGです。物によっては白っぽくなったり、表面がべたついてしまう可能性もあります。メイク落としをオススメします。

プラスチックの種類によっては、無水アルコールへの耐久性があるものもあります。ここから先のお話はちょっと賭けになりますが、無水アルコールを浸み込ませたコットンでさっと拭いて、すぐに水拭きするという手法もあります。プラスチックの種類によるため、残念ながら無事は保障できません。
除光液の主成分のアセトンはプラスチックの表面を溶かしやすいのでNGです!

壁紙など紙類:どちらもNG

紙類はどちらも浸み込んでしまうので、どちらの方法も保障はできません。
揮発性の高さと添加物が入っていないという点では、消毒用無水アルコールが一番無難かなと思います。しかし、アルコールに溶けたマジックのインクがシミのように広がってしまうことも考えられます。紙類はどれも難しいかなと思います。

最後に

油性マジックをそもそも手が届かないところにおいておくというのが、一番の解決方法かなと思っていますが…なかなかそうもいかないものです。

マジックのらくがきが無事に消えることを祈っています!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする