終活はじめます|30代から始める終活

ご覧頂きありがとうございます。

今日はこれまでと少し違うシリーズを書き始めたいと思います。
「終活」をテーマに自分でも実際に動きながら・進めながら、体験談などをこちらで紹介していきたいと思います。

今回は「なぜ終活を始めようと思ったのか」終活のきっかけをご紹介します。

スポンサードリンク

30代、元気な今から終活はじめます。

終活とは

終活は「人生の終わりのための活動」のことです。

人生の終わりを迎えるにあたり、介護・葬儀・財産・相続・お墓などについて準備することとされています。

「介護・葬儀」などのキーワードを見ると、リタイア後のお話・ご高齢の方向けというイメージを受ける方も多いと思います。
でも実は、終活のスタートは20代・30代など早い時期からでもOKとされています。

終活は「死にむかっていく準備」のように見えがちですが、実は「最後まで自分らしく生きる、生ききるための準備」とも捉えることができます。

30代で終活をはじめようと思ったきっかけ

コロナ渦でこれまでとは異なる生活が続く中で、やっぱり
“後悔なく生きたい” そして “短命でも長生きでも生きやすくしたい”
と思った事が終活をはじめるきっかけになりました。

ありがたいことに現時点では健康に恵まれています。
私の場合、健康面の不安がきっかけというわけではありませんでした。

でも、人間いつ死ぬかわかりません。
長生きして100才を軽く越えるかもしれませんし、逆に自分の想像より短い命になるかもしれません。

もしも今突然、私が動けなくなったり死ぬようなことがあれば、とっても多くの後悔が出てくると思います。
「あれをやっておけばよかった」
「これを伝えておきたかった」
そんな後悔は色々出てくると思いますが、何より家族に迷惑をかけてしまうのが申し訳ないです。

逆に長生きするなら、体力が落ちるであろう後半戦にむけて健康面・金銭面・環境面など快適な暮らしを維持できるように準備しておきたいです。

どちらになっても後悔せずに生きられるように、終活を始めようと思います。

スポンサードリンク

まとめ|まだまだ長く生きるつもりの30代からの終活

今回は、終活を始めようと思ったきっかけについてご紹介しました。

終活はいろいろありますが、身の回りのことを見直したり、情報をまとめて書き留めておくこともその1つです。自分が生きやすくなるのはもちろんですが、万が一のときの家族への負担を減らすことにも繋がります。

比較的体力がある30代・40代のうちに終活をスタートさせて、自分にとっても家族にとっても快適に日々を送れるようにしたいと思っています。

最後までご覧頂きありがとうございました。
終活シリーズは、実際にいろいろ進めながら記事にしていこうと思っています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする