ディズニーで落し物をしたらキャストさんの対応が優しすぎたお話|こどもと2人ディズニー通い

ご覧頂きありがとうございます。

子供とディズニー通い記事・第81弾!
今回は東京ディズニーランドで「落し物」をしてしまったときの話をご紹介します。

※5年以上前のお話になります。

スポンサードリンク

ディズニーランドで落し物をしました

今回のお話は、当時まだ抱っこしてばかりだった息子と2人きりでディズニーランドに行った時の話です。

落としたのは「子供の靴」

子供向けのショー「スーパードゥーパージャンピンタイム」の待ち時間でのこと。

遊びつかれて寝てしまった息子を抱っこ紐で抱えたまま、ショー開始まで待っていると・・・私の手に息子が履いてる靴下があたりました。

靴下。
くつした。

・・・え、靴は???

慌てて抱っこのまま息子の足元を確認してみると、やっぱり片方だけ靴がない。
周囲やベンチの下などを探してみるも、無い。

キャストさんや周りのゲストさんも一緒に探してくれたけど、無い。
(みんな優しい)

息子が寝る前まではあったのに。

どこで落としたんだろう・・・
靴が無いと息子は下ろせない。
もし「あるく!」って言われても下ろせない。

選択肢は2つ
1. 諦めてショップで買う(ベビーグッズのお店に行けばありそう)
2. 探し出す

あの靴買ったばかりだし、諦めるのはまだ早い!と
まだショー開始まで時間があったので、探しに行くことにしました。

アトラクションに探しに行ってみた|フィルハーマジック

こういう時は道のりを戻るのが一番!
と思い、それまでの道のりを戻ることにしました。

スーパードゥーパーに来る直前に行ったアトラクションは「ミッキーのフィルハーマジック」。その時には既に息子を抱っこしていたので、そこで落とした可能性も高そうです。

スーパードゥーパーからフィルハーマジックまでの道のりを戻りながら探したけど、道では見つからず。

やっぱりアトラクションの中で落としたかも!?

そこで、フィルハーマジックの外にいるキャストさんに事情を説明してみました。

すると
「落し物として届けられていないか確認しますね」
と確認に向かってくださいました。

しばらくするとキャストさんが戻ってきて
「落し物リストにはまだ載っていませんでした」
「でも、まだ中にあるかもしれないので次の回の間に見てみますね」
と!!

子供の靴、たった1つのためにすごく優しい対応!!
通常のお仕事だけでも大変なはずなのに、申し訳ない。本当にありがたい。

しばらくフィルハーマジック出口付近で待っていると・・・
「こちらでしょうか??」
と戻ってきてくださったキャストさんの手元には、落とした片方の靴が!!
『これです!!』

やっぱりアトラクションのシアター内に落ちていたようです。

その場で落し物の受け取り用の用紙を記入し、無事に受け取ることができました。

スポンサードリンク

ディズニーはあったかい。

靴を受け取り、お世話になったキャストさんにお礼を伝えて。
軽い足取りでスーパードゥーパーまで戻ると・・・

「あ!よかった!靴、見つかったんですね」
とスーパードゥーパーのキャストさんにも声をかけていただきました。
すっかり目を覚ましていた息子にも
「よかったねぇ~」
と声をかけていただき。

その後も無事に一日楽しく過ごすことができました。

本当にディズニーってあったかい!!
キャストさんたち優しすぎる!!
一緒に探してくれた周りのゲストの方々もあったかい!!

あの日から5年以上。
今のところその日から一度もディズニーで落し物はしていません。

まとめ|ディズニーで落し物をしたけど無事戻ってきた話

今回は、ディズニーランドで息子の靴を片方落としたけど無事に見つかり戻ってきた時のお話でした。

キャストさんたちの丁寧で親切な優しさあふれる対応と声かけ。
1人で途方にくれかけていた私にとっては、本当にうれしくてあたたかいことで。あたたかい思い出となりました。

子連れで行くと大変なこともたくさんありますが、それ以上に良い思い出がたくさん。キャストさんや他のゲストの方もあたたかくて大好きな場所です。
だからこそまた行きたくなりますね。

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする