セレブレイト!東京ディズニーランド観賞場所&抽選&場所取り・待ち時間[現地情報あり]|こどもと2人ディズニー通い

子供とディズニー通い記事・番外編。
いよいよ2018年7月10日から東京ディズニーランド(TDL)でナイトタイムスペクタキュラー”Celebrate! Tokyo Disneyland”がはじまりました!そして立見席を場所取りして見てきました!!

今回は35周年の東京ディズニーランドで始まるシンデレラ城の新たなプロジェクションマッピング(キャッスルプロジェクション、キャッスルショー)についてご紹介します。気になる内容、見える場所(観賞場所)、何時から始まるのか、何分のショーなのか、観賞場所の抽選と当選した場合の場所取り(整理番号順の座席指定無し)・落選した場合の場所取りと待ち時間など気になるポイントをまとめていきます!

7/29:7月後半平日に実際に行ってきましたので、現地情報を追記します!
追記項目→抽選に当選した場合・落選した場合それぞれの場所とり、待ち時間について
11/24:短い待ち時間で見れる場所を追記します!
追記項目2→抽選に落選したが、長時間待てない場合のおすすめの場所

スポンサードリンク

TDL新キャッスルショー|ナイトタイムスペクタキュラーCelebrate! Tokyo Disneyland

プロジェクションマッピング+αの特殊効果

新キャッスルショーである「Celebrate!Tokyo Disneyland」はシンデレラ城で行われるプロジェクションマッピングを使ったショーです。
昨年のクリスマスシーズン前まで行われていた「ワンスアポンアタイム」に続くキャッスルショーとして待ち焦がれていたショーがついに2018年7月からスタートします。
ワンスアポンアタイムが終わり、その後はクリスマス期間限定のキャッスルプロジェクションが上演、そして年明けからはアナ雪イベント期間限定としてアナ雪のストーリーが楽しめるプロジェクションマッピングが上演されていました。
イベント期間限定のキャッスルプロジェクションの上演を経て、ついに7月待ちに待った新キャッスルショーがお目見えします。

これまでシンデレラ城で行われてきたプロジェクションマッピングを使ったショー(ワンスアポンアタイム、フローズンフォーエバーなど)では、プロジェクションマッピングの他に、花火やレーザーといった特殊効果も併用されていました。

今回お目見えする「Celebrate!TokyoDisneyland」では
・噴水
・夜空いっぱいに広がる光の演出
などといった”新たな”特殊効果が加わりました!!
昨年終了したワンスアポンアタイムでも十分圧倒され感動したのですが、噴水が加わり更に進化を遂げた”ナイトタイムスペクタキュラー”に大注目です。

内容

35周年のCelebrate yearにふさわしいタイトルの「Celebrate!TokyoDisneyland」。
気になる内容はまさに”東京ディズニーランドをめぐる”といった内容になっています!指揮者になったミッキーの登場に始まり、アドベンチャーランド、ウエスタンランド、ファンタジーランド、トゥーンタウン、トゥモローランド・・・といった流れでパークをミッキーと一緒に巡っていきます。

※以下ちょこっとネタバレ注意です!

スポンサードリンク

始まりはアドベンチャーランド!カリブの海賊やジャングルクルーズといった定番人気アトラクションが登場します!
ウエスタンランドのシーンでは思わぬアトラク同士のコラボもあり、びっくりしながらも楽しい瞬間となりました。
ファンタジーランドの世界観では、ディズニープリンセス&プリンスの素敵なダンスシーンや物語のひとこまも登場し、とってもロマンチック!かと思えば、ホーンテッドマンションのシーンではシンデレラ城が一気にホーンテッドマンション色に染まります。でもこのシーンがすごく見ごたえ抜群!それほど怖い感じはしないので、小さなお子さんでも大丈夫かなと思います。
トゥーンタウンでは町全体に散りばめられているわちゃわちゃ楽しい仕掛けがたくさん登場しますので、ぜひ「コレ知ってる!」を楽しんでください!
ミッキーと巡るパークの旅・・・まるでミッキーと一緒にアトラクションを楽しんだりパークをお散歩している気分です。
トゥモローランドのシーンではバズとスターツアーズが中心になってはいますが、オープニングにたくさんの”今はもう無い”アトラクション達の懐かしいポスター風画像が登場します。他にも、開園当時からあるアトラクションの1つであるマークトゥウェイン号のシーンで四季を巡ったりと、随所に35年の歴史も感じさせる素敵なショーです。

花火や噴水、炎といったプロジェクションマッピング以外の効果もたくさん使われていて、見ごたえ十分すぎてあっという間の20分間です。

観賞場所&抽選

シンデレラ城にプロジェクションマッピングで映像が映し出される形になっています。

観賞場所
シンデレラ城前のキャッスル・フォアコート(中央鑑賞エリア)
プラザ

シンデレラ城が見える場所プラザのエリアなら幅広く見えると思われますが、
“プロジェクションマッピング”なのでできるだけシンデレラ城の正面のエリアで鑑賞するのがおすすめです。

もっとも見やすいのはシンデレラ城前のエリア(キャッスルフォアコート)とそのすぐ後ろの花壇のあたりだと思います。キャッスルフォアコート内であれば端のほうでも視界をさえぎるものが無いので、しっかり見ることができると思います。もちろん中央寄りのほうが見やすいですが、キャッスルフォアコート内に場所が取れれば多少端っこでも大丈夫。十分見やすいと思います。
尚、このキャッスルフォアコート内は”中央鑑賞エリア”として、抽選が実施されます。見たい場合はぜひ抽選にチャレンジしてみて下さい!!運営状況によっては抽選が行われない場合があるそうなので、抽選無しの日に行ける場合はぜひ中央鑑賞エリアに鑑賞場所を確保するのがオススメです。

中央鑑賞エリアの抽選に外れてしまった場合は、プラザから見るのがオススメです。
できれば中央鑑賞エリアのすぐ後ろの花壇のあたりに場所がとれるといいのですが、そのエリアの最前列は早い時間から場所取りが始まっていることが多いです。(立ち見最前列は撮影スポットとして大人気です)

スポンサードリンク

抽選当落ごとの場所取り&待ち時間

抽選に当選した場合:中央鑑賞エリアで座り見

抽選に見事当選した場合は、”中央鑑賞エリア”であるシンデレラ城のキャッスルフォアコート(シンデレラ城前の広場)で鑑賞することができます。こちらのエリアは全て座りでの鑑賞となります。斜め上を見上げる形で鑑賞するので、後方からでも比較的見やすいと思われます。

おそらく抽選当選者が前方で、一番後方はバケーションパッケージプランのエリアになっているようです。

今回の抽選では、ベンチが用意されておらず座席指定ではありません。整理番号順での呼び出し入場となっているようです。このため、集合時間(=入場開始時刻)に遅れてしまうと出遅れてしまいます。良さそうな番号の場合はしっかり入場開始時刻に間に合うように向かいましょう。待ち時間は入場開始からショー開始までなので、入場開始時刻にもよりますが30分前後といったところです。早くからの場所取りは不要で待ち時間が少ないという点でも、小さなお子さん連れの場合はぜひともこの抽選で当選したいところです!!
ベンチ無しの座り見となっているので、レジャーシートがあると便利です。

立ち見エリアから見ていたところ、中央鑑賞エリアの前方はぎゅーぎゅーのようです。みなさん前に前にと詰めて場所取りされているので、後方はかなり余裕がありました。バケーションパッケージプランのエリアと、当選者のエリアの間はかなりスペースがありましたので、ゆったり見たい方は後方を狙うのも有だとおもいます。

抽選に落選した場合:中央鑑賞エリア以外で立ち見

当選者席とバケパ席がある中央鑑賞エリア(キャッスルフォアコート)以外は全て立ち見での鑑賞となります。落選した場合は立ち見を覚悟してください。

落選した場合その①3時間以上!長時間場所取りが可能な場合

今回私も見事なまでに全ての抽選にはずれ(このショー以外も全落選という見事な負けっぷり!)、立ち見エリアの場所取りをしてきましたので、ご報告します!

日付:7月後半の平日

混雑具合:
夏休みに突入しているため、通常の平日よりも多いが、土日と比べると空いている。

中央鑑賞席のすぐ後ろの立ち見エリア待ち時間情報
立ち見最前列:4時間待ち以上
立ち見2列目:3時間待ち以上
立ち見3列目:2時間半~3時間待ち程度

立ち見最前列のセンターにいた方はいったいいつから待っていたのか分かりません・・・。立ち見最前列の端にいたご家族が「4時間待ち」とお話されていました。4時間待ちと言うと、ちょうどその日のお昼のパレード「ドリーミングアップ」が始まる位の時間帯ですので、その時間帯で既に待っている方がいらしたということですね。
平日で比較的空いている状態でこの待ち時間だったので、土日や連休などの混雑日はもっと早い段階で3列目以降も埋まるのではと思われます。

キャッスルフォアコートすぐ後ろの立ち見場所取り:待ち時間の前半は座り・混雑してきたら立って待つ

待ち時間は基本的には座っていられますが、ショーが立ち見鑑賞となっているので、レジャーシートや荷物は広げすぎず、コンパクトにまとめた状態で待つことになります。座って待っている際に広くスペースを使っていると、立ち上がったときに後方から人が隙間に入り込んでしまったりするので、トラブルの原因となります。
立ち見エリアが混雑してきたら、キャストさんから「只今の時間から立ち上がってお待ちください」といわれます。このときにしっかり自分の立ち位置を定めないと、後ろからどんどん人が入り込んできます・・・。
※この日は40分前くらいの時点で「立ち上がってください」のお願いがありました。

立ち上がるタイミングで鑑賞する人が全員揃っていないと、後ろから人が流れ込んでくるので、場所取りが難しくなります。お手洗いなどは早めのタイミングに済ませておくのがお勧めです。

今回は中央鑑賞席すぐ後ろの立ち見エリアでの場所取りを体験しましたが、立ち上がると皆さん前へ前へと詰めて結構ぎゅーぎゅーになっていましたので、このエリアは子連れには最前列以外は向かないなというのが感想です。
手分けして長時間待ってでも正面からしっかり見たいという場合は最前列を狙いに行くのも有りですが、長時間待つのはちょっと・・・という場合は思い切って別のエリアからの鑑賞にしたほうが効率的かなと思います。

スポンサードリンク

落選した場合その②長時間の場所取りが難しい場合

抽選に落選したが、あまり場所取りに時間をかけられない場合は、人気エリアを避けての場所取りがお勧めです。

避けておきたい大人気エリアはこちら。

・パートナーズ像前(ワールドバザール出てすぐのミッキー&ウォルトの銅像のあるエリア。シンデレラ城の真正面なので人気があります)
・中央鑑賞エリア(抽選当選者エリア)の真後ろ

これらの場所以外でも、シンデレラ城の正面からであれば十分楽しめるショーになっています。正面の場所取りを!と考えるとどんどん人気エリアになっていくので、それに伴って人が多くなります。場所取り開始直後は人が少なくても、ショーが始まる直前には大勢の人が立ち止まるように・・・ということもあります。小さなお子さんは周りの人の頭で結局あまり見えないという状況になってしまいます。

お子さんがもうすっかり大人並に身長が高い!という場合は、大丈夫だと思いますので、できるだけ正面のエリアで見やすい場所を探してみてください。

短い待ち時間で、小さな子供の身長でも楽しめるのが、この人気の”真正面”を外したエリアです。

案1.中央鑑賞エリアの両サイド

その中でも比較的正面寄りで人気なのは中央鑑賞エリアの両サイド。
こちらの場所は30分前の場所取りでは遅いです。混雑度合いにもよりますが、1時間前・1時間半前くらいから様子を確認した方が良いと思います。

ただし前方に行くほど見えません(シンデレラ城が大きな柱で見えなくなる)。
視界が柱で遮られない後方が人気です。後方から場所が埋まり始めて、前方へと列が延びるようなイメージです。中央鑑賞エリア(抽選エリア)との仕切りはロープ1本のみです。エリアを仕切るロープ横(ロープ最前列)の後方側を狙うのがお勧めです。
サイドとはいえ比較的正面寄りなので、全体観を楽しめます。

案2.橋上などシンデレラ城の池の前

シンデレラ城の左右にある池。その池の前のエリアは15分~30分前の場所取りでも最前列が取りやすいエリアです。橋の上や、橋をわたりきったところの通路部分など、池を挟んでシンデレラ城を見る形になります。

正面から遠くなるほど、つまり横へ行くほどプロジェクションマッピングがキレイに見えません。そのため映像を見るという点ではあまりおすすめできない場所です。
しかし、噴水の演出が目の前で見える絶景ポイントでもあります!

この場所のメリットは
・当選者の入場列がある場所なので、当選者の列最後尾が通り過ぎるまで場所取りができない。そのため短時間の場所取りで最前列が狙える。(通り過ぎるのまで近くで待機していれば、スムーズに最前列が狙えます)
・噴水・花火の演出が近くで見れて、迫力がある。
・意外と近いので炎の熱も感じられて、臨場感がある。

デメリットは
・横から見る為、メインであるプロジェクションマッピングの映像があまりきれいに見えない。

短い待ち時間で最前列を狙いたい場合はおすすめです!
最前列がとれると、人の頭の間から見ることも無く、開けた視界でストレスフリーで見ることができます。

スポンサードリンク

開始時刻&公演時間

公演回数は1日1回~2回
公演時間は各回約20分となっています。

開始時刻は公演回数や閉園時刻、季節にもよりますので、TODAYや公式サイトで予め確認しておくのがオススメです。夜のショーなので、季節にもよりますが時間帯は少し遅めの傾向があります。しかし2回公演がある日の初回公演ならば、比較的早い時間帯で鑑賞できる可能性もあります。

春夏は日が長いので遅めの時間帯になりますが、秋冬は早めに暗くなるので開演時刻も早めになる可能性があります。(ワンスアポンアタイムでは秋冬の上演時刻のほうが少し早い傾向があったように記憶してます)

例えば・・・
去年7月
エレクトリカルパレード 19:35スタート
キャッスルショー    20:50スタートそれに対して
今年3月
エレクトリカルパレード 18:30スタート
キャッスルショー    19:40スタート

といったように、7月(夏)と3月(冬)では約1時間の差があります。暖かい春夏シーズンのほうが待ちやすいといったメリットはありますが、子連れで帰宅時間を気にする場合は秋冬がオススメだと思います。

まとめ|新キャッスルショーは7月から!

今回は2018年7月10日からスタートする新キャッスルプロジェクション「Celebrate!TokyoDisneyland」についてご紹介しました。

35周年にぴったりな内容で、とっても楽しみです!夜までパークで楽しむ日にはぜひ足を止めて見てみてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする