ワールドバザールのプロジェクションマッピング実は3種類!時間&頻度・観賞場所|こどもと2人ディズニー通い

子供とディズニー通い記事・第42弾!
※銀テープが舞う!グランドフィナーレ版について追記あり!

2018年・35周年を迎えた東京ディズニーランドでは、ワールドバザールが”セレブレーションストリート”として特別な演出が行われています。夜には、ワールドバザールでは初の試みとなるプロジェクションマッピングが上演され、光と音の演出でまさに「夢と魔法」の世界になります。

プロジェクションマッピングが何種類(パターン)あるのか、そして開催時刻は何時なのか、どれくらいの頻度で行われているのか・・・今回は実際にパークで確認してきました!
今回は、ワールドバザール内で行われているプロジェクションマッピングの開催時間・頻度・パターン(種類)・観賞場所についてご紹介します。

追記:後半にクリスマス期間のプロジェクションマッピングについても追記いたしました。通常版とは異なるので、クリスマス期間に行く場合はそちらの情報もご確認ください。

追記2:ついに1/11からグランドフィナーレを迎えた東京ディズニーリゾート!プロジェクションマッピングもグランドフィナーレ期間限定の新たなバージョンとなりました!グランドフィナーレ版のプロジェクションマッピングについても追記します。

スポンサードリンク

ワールドバザール”セレブレーションストリート”プロジェクションマッピング

公式としては・・・詳細発表なし

公式サイトにも、各種ショー・パレードのエンターテイメントスケジュールが記載されている”TODAY”にも、時間・頻度・パターンなどの詳細情報についての記載はありません。

キャストさん情報|3種類と明言!!

ワールドバザール内のキャストさんに直接確認したところ次のような情報が得られました。

・時間帯
エレクトリカルパレードが始まる位の時間帯から閉園まで。
(※エレクトリカルパレードは5月は19:30から始まります)
いつ上演されるかは決まっていない。
・頻度&パターン
3種類あり。
そのうち2種類が何分かおきに交互に上演される。
残りの1種類は閉園時間が近くなると上演される。

公式サイトやTODAYでも詳細を公開していないので、キャストさんも”何分からやります”といった明言は避ける形でご案内いただけました。
TVなどの情報番組では2種類と言われていますが、キャストさんからはっきりと”3種類”と伺いました。

プロジェクションマッピングなので、暗くなる時間帯=エレクトリカルパレードが始まる時間帯から上演されるということだと思われます。例えば5月はエレクトリカルパレードは19時半からスタートなので、そのくらいの時間帯になると空がぐっと暗くなっています。その1時間前ではまだ明るいですし、季節によっても暗くなる時間は異なりますので、やはりエレクトリカルパレードの開始時刻が1つの目安になると思います。

実際に体験|頻度と上演時間・内容はこちら!!

実際に体験してきました。
頻度とパターンの結論からお話しすると

頻度:10分ごとに上演(・・・20:00、20:10、20:20・・・といった形)
上演時間:各回 1分半ほど
パターン:閉園間際パターン以外の2パターンを交互に上演。

となっております。
その日はエレクトリカルパレードが19:30スタート。パレードを見てしまったので、19:30から開始していたかは不明ですが、20時時点で上映されているのを確認しています。キャストさんの話に「エレクトリカルパレード」というキーワードがあったので、おそらく19:30時点に既に上演開始していたものと推測されます。20時から20分間ワールドバザールに待機して鑑賞したところ、その日は20:00、20:10、20:20と区切りよく10分単位で上演されました。

※以下、内容について若干ネタバレ有りとなっておりますので、ご注意ください。

スポンサードリンク

パターン1:プリンセスver

シンデレラ、ラプンツェル、アラジン、美女と野獣といったプリンセス達の音楽と映像がぎゅっとつまったパターン。
シンデレラではブルーのシンデレラカラーで彩られ、ラプンツェルはあたたかな光のランタンが空に舞うシーン、アラジンでは夜空を飛ぶシーンが、美女と野獣は象徴的なステンドグラスが見られます。

パターン2:アドベンチャーver

ピーターパン、リトルマーメイド、ライオンキングがテーマのパターン。
ピーターパンはティンクの光やピーターパンの影、そしてロンドンの街並みが映し出されます。リトルマーメイドでは”アンダー・ザ・シー”のリズムにのせて海の仲間達の楽しいコンサートが見られ、ライオンキングでは様々な動物達の姿が映し出され壮大な雰囲気!

パターン3:閉園間際ver

35周年のテーマソング”Brand New Day”のアレンジ版に合わせて、ワールドバザール内がキラキラと輝きます。星が降るような、光が降り注ぐような演出がとても美しいです。
35周年スタート前日に行われた貸切イベントの「special night」に行った際に見てきました!こちらは10分間隔ではなく、数分おきに上演されていました。キラキラ降り注ぐ光がとてもキレイでロマンチックです。

※プリンセスverとアドベンチャーverという呼び方は、プロジェクションマッピングについてTVで紹介されていた際に使われていた呼び方です。

 子連れでは閉園間際verの鑑賞は難しいかもしれませんが、閉園時間が早い日を狙っていくと子連れでも見れるかもしれません。

追記:クリスマス期間は2種類

ディズニークリスマス開催中の間はクリスマスversionのセレブレーションストリートとなっているので、プロジェクションマッピングは2種類となります。

1.クリスマスver
2.閉園間際ver

クリスマスverはクリスマスソングメドレーにあわせて、ワールドバザールが一気にクリスマスカラーに彩られます。大きなプレゼントボックスや、サンタさんのソリなどクリスマスならではのプロジェクションマッピングです。
見る場所によりますが、プリンスとプリンセスや、ミッキー&ミニーのジンジャーブレッドクッキーもいましたよ。

追記2|銀テープが舞う!1月よりグランドフィナーレ版が新たに登場!

東京ディズニーリゾートの35周年もついにグランドフィナーレ期間に突入しました。ハロウィン・クリスマスと各イベントごとにプロジェクションマッピングもスペシャル版が登場していましたが、やはりこのグランドフィナーレでも期間限定のプロジェクションマッピングが登場しました!

東京ディズニーリゾート35周年グランドフィナーレ開催期間中の、セレブレーションストリート(ワールドバザールのメインストリート)におけるプロジェクションマッピングは、下記2種類と思われます。

1.グランドフィナーレ期間限定ver
2.閉園間際ver

今回公開となったセレブレーションストリート・グランドフィナーレ期間限定verのプロジェクションマッピングは、35周年のテーマソングに合わせてたくさんのディズニーキャラクターたちが登場する内容となっています。
お昼のセレブレーションストリートで飛び交うコンフェ(銀テープ)や、お昼のパレード「ドリーミングアップ!」、シンデレラ城のプロジェクションマッピング「セレブレイト!東京ディズニーランド」の噴水を思わせる映像もあり、まさに35周年をぎゅっと詰め込んだ祝祭感あふれる内容。これぞグランドフィナーレ!と思わせてくれる内容です。
見る場所によって違うキャラクターが見れるので、場所を変えて何度も見たくなるプロジェクションマッピング。毎回では無いようですが・・・プロジェクションマッピングの最後にコンフェ(カラーテープ・銀テープ)が舞う演出がされるときもあるようです。タイミングがよければ、遭遇できるかもしれません。

鑑賞場所|壁際がお勧め

ワールドバザールのメインストリート(エントランスとプラザを結ぶ通り)の壁面、2階部分に映像が投影されます。トゥモローランド方面に繋がっている通りと、アドベンチャーランド方面に繋がっている通りの壁面にはおそらく映し出されていなかったと思いますので、ご注意ください。

ワールドバザールのメインストリート内であればどこからでも鑑賞できますが、壁際のほうが遠目で全体感を見ることができるのでお勧めです。ショップの入口付近は人通りが多く混雑するので避けたほうが無難です。柱の傍や壁際で待機&鑑賞がお勧めです。

スポンサードリンク

子連れ鑑賞の場合も壁際がお勧め

子連れでの鑑賞なら、ワールドバザール内を通行する他のゲストの方とぶつからない様に壁際での鑑賞がお勧めです。ショップの入口を避けて壁際で待機&鑑賞しましょう。
プロジェクションマッピングが始まると、少し暗くなります。そして多くのゲストが斜め上方向を見ながら歩いてしまいます。小さなお子さんは大人の視界から外れてしまう可能性が高いので、ぶつかって怪我をしないようにという意味でも壁際の鑑賞がお勧めです。
しかし、前に人が通ってしまうと小さなお子さんの視点からはプロジェクションマッピングが見えにくくなってしまうので、だっこしてあげるなどの対応がおすすめです。

人通りが少なければ、壁際から少し前に出て鑑賞しても良いと思います。

セレブレーションタワーと共に!ワールドバザール出入口付近もお勧め

ワールドバザールの出入り口付近から全体像を楽しむのもお勧めです。プラザ側・エントランス側どちらからでもいいですが、音がしっかり聞こえるようにワールドバザール内に一歩入っておくのがポイントです。

35年間の歴史がぎゅっと詰まったセレブレーションタワーと共に、ワールドバザールの壁面に映し出されるプロジェクションマッピングの映像・光、そしてプロジェクションマッピングに合わせたディズニーミュージックが一気に楽しめます。

特に、閉園間際verのプロジェクションマッピングはどこから見ても同じキラキラの光が楽しめるので、セレブレーションタワーと一緒に全体像を見るのがお勧めです。35周年のテーマソングBrand New Dayと共に光に包まれたワールドバザールを体感できると思います。

まとめ|種類は3種類&10分おきに上演

今回は東京ディズニーランドのワールドバザールで上演されているプロジェクションマッピングについてご紹介しました。

上演時間はエレクトリカルパレードが始まるくらいの時間から閉園まで、各回1分半ほどで、種類は3種類。プリンセスverとアドベンチャーverは10分おきの頻度で上演されています。

35周年を彩る”セレブレーションストリート”として特別感があふれているワールドバザール。夜のプロジェクションマッピングも素敵ですが、昼間は35周年のテーマソングが流れて、時々紙ふぶきが舞う”祝祭感”あふれるストリートになっています。昼・夜どちらの”セレブレーションストリート”も素敵ですので、ぜひランドに行った際には注目してみてください。

そして35周年の東京ディズニーランドはまだまだ見どころがあります!セレブレーションストリート以外にも様々なショー・パレード・飾りつけが楽しめますので、パークに行った際にはいろいろな視点で楽しんでみてください!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする