身長低い3才児|口コミ良好なせのびーるを試してみました!

わが家の息子は明らかに身長低めです。
成長曲線の下限を突破してもうすぐ3年です。
少食で食べる量もかなり少ないわが子なので、栄養面でも非常に心配なところ。

そこで今回は成長期応援サプリ「せのびーる」にトライしてみましたのでご紹介します。

4才直前でまだ90センチちょいのちびっこは幼稚園のでも一番小さいと思われます。
3才児検診でも親としてはかなり気になったのですが、先生は
「まぁ、順調に伸びてるしね」の一言で終了。
これを「問題なくて良かった」ととらえて安心すべきなのか何なのか…。
とにかく栄養とらなきゃ身にならない!ということで、せのびーるを購入しました。
スポンサードリンク

せのびーる|子供向け成長期応援タブレット

成長に必要な成分が配合されているという「せのびーる」。

パッケージはキュートなキリンさんです。

せのびーるの気になる配合成分

カルシウム鉄分など4種のミネラル

ビタミンDなど7種のビタミン

RBS米ぬか多糖体

L-アルギニンなど4種のアミノ酸

引用元:せのびーるパッケージ裏表記より

体を作るために大切なアミノ酸、骨を形成する上で必要となるカルシウム、カルシウムの吸収を助けるビタミンDが入っています。

聞き慣れないのが”RBS米ぬか多糖体”。
これって何だろう?というのが正直なところでしたので、公式サイトを拝見しました。

『せのびーる』には、体を不調から守る自己防衛機能を元気にさせるオリジナル成分米ぬか多糖体(RBS)を配合。体の内側から、不調に負けない防衛体力を高め丈夫な体づくりをサポートします。さらに、成長ホルモンなど、さまざまなホルモンの分泌を正常化することにより、子供の健やかな成長を協力にサポートします。

引用元:【公式通販】せのびーる/スリーエー・ライフ

食が細いからか、体もあまり強いほうではないわが子を思うと大変ありがたい成分です。
販売元のスリーエー・ライフさんのホームページを確認すると、こちらのRBS米ぬか多糖体については多くの研究がなされているようです。

RBS(米ぬか多糖体)は実証がしっかり

東京大学、防衛医科大学、名古屋大学、慈恵医科大学、東京医科歯科大学、川崎医科大学、UCLA/ドゥルー医科大学/USA、マクマスター大学/カナダなど、28施設の大学や病院で数多く証明されています。

57報の学術論文と130回以上の学会発表で実証済み。

引用元:スリーエー・ライフ

スポンサードリンク

実際に食べてみました

タブレット状です。1日あたり2粒が目安。
少し大きめなので、奥歯でしっかり噛めるようになってから与えるのがよさそうです。
小さいお子さんにあげるときは、砕いてあげると良さそうです。
(わが家でも1才児のころに1ヶ月間ほど小さく砕いて与えていました。)

気になる味はココア味!
“そのままかんでもなめてもOK”というところも手軽でありがたいですね。

母としては「栄養機能食品」とは思えない美味しさだったので、大満足!
これならおやつ感覚(ラムネ系おやつの代わり)でぱくぱく食べてくれそうだと思いました。

わが家の3才児の息子の反応
残念なことに、息子はチョコレート系が苦手。おやつまで偏食です。
普段の生活では大変ありがたい嗜好の持ち主なのですが、今回はそこがマイナスに出てしまいました。
「ココア味のラムネだよ~♪」と出してみたところ
一口食べて『チョコだ~っ!!』と逃げられてしまいました…残念。
3歳児がチョコだと勘違いするほど、しっかりココア味です。

ということで、チョコレートが食べれるお子さん・ココアが飲めるお子さんにオススメです!

最後に

たくさんある成長期応援系食品の中から今回は「せのびーる」を紹介させていただきました。

小さい子供に日常的に与えるには、安全で美味しいものが一番!
少食なお子さん、もっと背が大きくなりたいというお子さんにオススメです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする